« くれてやった弾で撃たれることもある | トップページ | 三原則談話を出してなし崩し »

もう始まった安倍晋三のなし崩し

陸自弾薬1万発、南スーダン国連部隊に提供
 政府は23日、南スーダンの政情不安を受け、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している陸上自衛隊の弾薬1万発を、国連の要請で無償提供することを決めた。
 弾薬は国連を通じ、同日中に現地の韓国軍に提供された。
 自衛隊の弾薬を海外で他国軍に提供するのは初めて。政府は、今回の措置は緊急事態に対応するもので、武器輸出3原則の例外であるとする官房長官談話を出した。
 南スーダンでは、政府軍と前副大統領派の戦闘が拡大している。UNMISSに参加している韓国軍は首都ジュバの北東に位置するジョングレイ州で輸送や警備などにあたるとともに、宿営地に避難民約1万5000人を受け入れている。戦闘に巻き込まれれば弾薬不足に陥る恐れがある。
 国連からの弾薬提供要請は22日にあった。UNMISS参加国のうち、韓国軍と同じ弾薬(5・56ミリ小銃弾)を使っているのは自衛隊だけで、自衛隊は比較的治安が安定しているジュバにとどまっている。こうした事情を踏まえ、政府は23日に国家安全保障会議(日本版NSC)4大臣会合を開いて対応を協議。「緊急の必要性・人道性が極めて高い」と判断し、持ち回り閣議で提供を決めた。(以上(2013年12月24日00時04分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131223-OYT1T00427.htm

 安倍死ん三は、南スーダンのPKOでこともあろうかSouth Korea軍に、自衛隊の銃弾をくれてやることを決めた。
 これは、国連からの要望とのことだが、全世界のことよりもSouth Koreaのために国連事務総長に居座り続けている潘基文からかも知れないが、明らかにSouth Koreaのためと言ってよかろう。かつて、潘基文は、国連事務総長を辞めた後、South Koreaで権力を持ち続けたいがために、中立の立場を止めて、日本を非難したのだ。それを忘れてはならない。そもそも、PKOに行くのに銃弾を持たないなどというアホな国は、日本の隣しか無いのだ。それは、朴槿恵が大バカなだけで、朴槿恵の尻拭いを日本がする義理も無いはずだ。どうせ、South Korea軍は、難民を強姦して、その後始末するために銃弾を使うとも限らないというのは、ベトナム戦争で証明済みだ。
 一方、日本では、PKOにおいて、米軍にすら銃弾・装備は貸さないというのがこれまでのPKO法の解釈であり、武器輸出三原則にも違反する行為だが、安倍死ん三は、「緊急の必要性・人道性が極めて高い」という屁理屈によって、いとも簡単にこれまでの解釈を覆したのだ。「緊急の必要性・人道性が極めて高い」というが、これについては、特定秘密保護法の外交・自衛に関する内容なので、国民が納得するような説明はなされることも無いだろう。こうやって、安倍死ん三は、これまでの法律さえもなし崩し的に破って、日本を軍靴の鳴り響く国にしたいのだ。そして、特定秘密保護法も、同じようにして、解釈を拡大して、平成の治安維持法に仕立て上げたいのだ。そのために、どうにでも解釈が変えられるように曖昧な法律に仕立て上げたのだ。
 安倍死ん三が総理をやっている限り、日本はどんどんおかしな方向に向かうことだろう。それを阻止するためには、安倍死ん三を公邸に転居させて、毎晩、軍靴の音を子守歌にさせて、下痢を起こさせることが肝要だ。(No.3867)

|

« くれてやった弾で撃たれることもある | トップページ | 三原則談話を出してなし崩し »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58811316

この記事へのトラックバック一覧です: もう始まった安倍晋三のなし崩し:

« くれてやった弾で撃たれることもある | トップページ | 三原則談話を出してなし崩し »