« 努力せぬ奴ほど努力口にする | トップページ | 敵に塩与え喜ぶのは総理 »

靖国の御霊を増やしたい総理

参拝、制止退け強行 党幹部「もう誰も止められない」
 安倍晋三首相が26日、東京・九段北の靖国神社に参拝した。消費増税や特定秘密保護法、沖縄の普天間問題などの諸課題にめどがつき、「参拝ショック」が出にくい時期を選んだとみられるが、A級戦犯合祀(ごうし)への批判などから中国や韓国は反発し、米国も「失望している」との声明を出した。自らの「信条」を優先したことで政権の変質を印象づけ、今後、政権を支えてきた「日米同盟重視」や「経済最優先」の路線が揺らぎかねない。「恒久平和への誓い」と題した首相談話もこれまでの言動との食い違いがうかがえる内容だ。
 「自分の決断として参拝します」。26日午前、公明党の山口那津男代表のもとに安倍晋三首相から電話があった。山口氏が「賛同できない」と反対したが、首相は「賛同いただけないとは思います」とにべもなかった。自民党の石破茂幹事長にさえ当日通告。党幹部は「もう誰も止められなくなっている」とぼやいた。
 「寝耳に水」だったのは、与党幹部だけではない。米国にも参拝直前まで伝えなかった。
 「中国を刺激しない方がいい」。11月、訪米した首相の盟友・衛藤晟一首相補佐官は、米政府高官から参拝しないよう求められていた。訪米の表向きの目的は、北朝鮮情勢についての意見交換だったが、実は菅義偉官房長官から首相が靖国参拝した場合の反応を探るよう指示されていた。
 国内外の制止を振り切った突然の参拝だったが、伏線はあった。10月、秋季例大祭への参拝を見送った直後、首相は周囲に「参拝するのをやめたわけじゃない」と漏らしていた。(以上(朝日新聞2013年12月27日05時01分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASF0TKY201312270008.html

 安倍死ん三が、とうとう下痢を発症する前に、個人的宿願だった靖国参拝をやり遂げた。
 もう、心残りは無いだろうから、サッサと総理を辞任して欲しいものだ。集団的自衛権にしても、特定秘密保護法にしても、これから、靖国の御霊を増やすことしか考えていない安倍死ん三が何をほざいても、額面通りに「恒久平和への誓い」とほざいても、言動不一致なのだから信頼されるはずがない。自民党内では、安倍死ん三の暴走を誰も止めることのできる輩はいないようなので、安倍死ん三には、公邸に一日も早く引っ越しをして貰って、軍靴の音を子守歌に寝て貰い、下痢を再発させるしか、日本を守る方策はあるまい。そもそも、安倍死ん三の支持が高かったのは、経済最優先の施策であって、日本の軍国化を支持したものではない。それすら分からない頭に血が上って、天下を取った気になっている安倍死ん三に、これ以上日本の舵取りをやらせると取り返しの付かないことになる。
 中国・South Koreaは、A級戦犯合祀で騒いでいるが、何を隠そう安倍死ん三は、A級戦犯・岸信介の孫であることを忘れているのだろうか?岸信介は、アメリカの犬になることで、戦犯不起訴となっただけだ。靖国に合祀されたA級戦犯を否定することは、安倍死ん三にとっては、自分の祖父を否定することと同義なのだ。(No.3870)

|

« 努力せぬ奴ほど努力口にする | トップページ | 敵に塩与え喜ぶのは総理 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58828435

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国の御霊を増やしたい総理:

« 努力せぬ奴ほど努力口にする | トップページ | 敵に塩与え喜ぶのは総理 »