« こだわりで垂れ流してる無駄な金 | トップページ | これだから躍起になって機密保護 »

反対はテロと断言した石破

「絶叫デモ、テロと変わらぬ」 石破幹事長、ブログで
 自民党の石破茂幹事長は11月29日付の自身のブログで、特定秘密保護法案に反対する市民のデモについて「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます」と批判した。表現の自由に基づく街頭での市民の主張をテロと同一視したことは問題になりそうだ。
 石破氏はブログで「議員会館の外では『特定機密保護法絶対阻止!』を叫ぶ大音量が鳴り響いています」と紹介。「人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはない」とも批判した。石破氏は30日、朝日新聞に「ルールにのっとったデモを介して意見を言うのはかまわないが、大音量という有形の圧力で一般の市民に畏怖(いふ)の念を抱かせるという意味で、本質的にテロ行為と同じだと申し上げた」と話した。
     ◇
 自民党の石破茂幹事長が、自身のブログで特定秘密保護法案への反対デモを批判した部分は次の通り。
 今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。(以上(朝日新聞2013年11月30日22時46分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/TKY201311300290.html

 自民党の石破茂が、ブログにおいて、特定秘密保護法案に反対するデモについて、「テロ」と同じだとほざいたそうだ。
 日本国憲法では、デモ行進も国民の権利として認められていることである。それをテロ行為と称すること自体、自民党政権が目指しているのは、戦前の治安維持法下の独裁政権と同じだ。特定秘密保護法案にしても、担当大臣・森まさこのバカがまともに答弁できない、理解できない法案なのだ。第三者機関の設置を努力するなどとほざいているが、努力をするのは、法案成立前であり、法案が可決されてからという言い逃れは許されない暴挙だ。審議時間にしても、たった44時間で衆議院を可決させてしまった。これが、民主主義の多数決の論理だと言われれば、それは、昨年末の世論の多数決であって、今の世論の多数が支持しているとは限らないのだ。そのために、国民は自分の意思を示すためにデモを行う訳だ。それをテロ行為と言った以上、政治屋として結果責任を問わなければならない。政治屋が何を言っても罪に問われないのは、国会の議論の場だけであり、個人のブログであれば、議員特権などは適用されないのだ。
 これで、石破茂も終わったな!(No.3844-2)

|

« こだわりで垂れ流してる無駄な金 | トップページ | これだから躍起になって機密保護 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58675614

この記事へのトラックバック一覧です: 反対はテロと断言した石破:

« こだわりで垂れ流してる無駄な金 | トップページ | これだから躍起になって機密保護 »