« 納税は考慮されない喫煙者 | トップページ | その内に特定取れて機密保護 »

通称で詐欺繰り返す在日が

名を5回変更…韓国籍の男、通称悪用し携帯詐取
 埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は1日、韓国籍でさいたま市西区清河寺、無職文炳洙容疑者(43)を詐欺と組織犯罪処罰法違反(隠匿)容疑で再逮捕した。
 発表によると、文容疑者は8月7日、さいたま市の家電量販店で「青山星心」という通称を使い、携帯電話2台(販売価格計約12万円)をだまし取り、東京都内の携帯電話買い取り店で過去の通称名「清永奏斗」でこの携帯電話2台を売った疑い。
 文容疑者は2010年10月~今年9月、さいたま市西区役所で5回も通称を変更して携帯電話やタブレット端末などを契約し、即座に転売する手口で、約160台(被害総額630万円)をだまし取っていたという。
 西区役所が昨年10月、「通称を頻繁に変える外国人がいる」と同署に通報した。
 文容疑者は「同じ名前の人が犯罪を起こして迷惑している」などとうそを言い、通称を変更していた。県警は10月11日、文容疑者が昨年10月に同じような手口で携帯電話とタブレット端末2台をだまし取ったとして逮捕していた。
 調べに対し、文容疑者は「料金は払うつもりだった。(転売で得た金は)ギャンブルに使った」などと供述しているという。(以上(2013年11月2日15時21分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131102-OYT1T00532.htm

 竹田恒泰氏が、在特会が良いことをしたということの一つに、在日が通名を日本名に変えて経歴を消し、犯罪ができるということを表現した」を見事に踏襲した犯罪が発生した。
 これから見ても、日本に帰化しない朝鮮半島出身者に通称という特権を与えることの問題を如実に表している。これを無くするには、在日にも通称名で日本に帰化するか、本名だけにさせる必要がある。文炳洙容疑者は、ギャンブルに使っていながら、料金は払うつもりだったと朝鮮人独特の理路整然としない言い訳をしている。
 政府は、今国会で在日外国人の通称の使用を禁止する法案を可決するべきだ。それ以外に、在日朝鮮半島出身者の犯罪に日本人が遭うことは避けられない。(No.3817)

|

« 納税は考慮されない喫煙者 | トップページ | その内に特定取れて機密保護 »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58504389

この記事へのトラックバック一覧です: 通称で詐欺繰り返す在日が:

« 納税は考慮されない喫煙者 | トップページ | その内に特定取れて機密保護 »