« 東電の責任国民に丸投げ | トップページ | 防潮堤大阪都にすりゃすぐできる »

身の程を知らないバカもいる議員

「明らかな政治利用」との指摘も 宮内庁幹部も懸念
 31日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた秋の園遊会で、出席していた山本太郎参院議員(38、無所属)が陛下に直接、手紙を渡した。宮内庁によると、公の場で陛下に手紙を直接渡す行為は極めて異例。国会議員の立場にある人物の行為に、識者からは「明らかな天皇陛下の政治利用」との指摘が出ている。
 山本氏は、陛下が招待者の並ぶ列を回って来られた際、折りたたんだ手紙を直接手渡した。陛下はいったん受け取り、そばにいた侍従長に手渡された。
 山本氏は園遊会後、国会内で取材に応じ、手紙には東京電力福島第1原発事故をめぐる健康被害などについて書いたとし、「政治利用にはつながらない」との認識を示した。
 山本氏によると、「子供たちの未来が危ない。健康被害が出ている」などと陛下に話しかけたが、お答えはなかったという。
 これに対し、菅義偉(すがよしひで)官房長官は31日午後の記者会見で、「礼儀にふさわしいかどうかは自身で判断することだ。常識的な線引きはある」と、不快感を示した。
 識者や宮内庁の関係者からも、異例の行動に批判的な声が上がった。
 高崎経済大の八木秀次教授(憲法学)は「明らかな政治利用だ。天皇陛下の政治的中立ということをまったく理解していない。国会議員としての資質が問われる」と指摘する。
 宮内庁のある幹部も「一般論として、ああいう場所で物をお渡しするのはエチケットに反し、あってはならないことだ。陛下としてもお困りになるだろう」と懸念する。
 園遊会は毎年春と秋の2回開かれ、芸術やスポーツなど各界の功労者や国会議員、官僚、自治体の首長らとその配偶者の約2千人が招かれる。(以上(MSN産経ニュース2013.11.1 07:16)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131101/stt13110107210001-n1.htm

 山本太郎という大馬鹿議員が、園遊会の場で、天皇陛下に手紙を渡したそうだ。
 昔ならば、不敬罪として首をはねられる行為だ。本人は、歩く国賊・菅直人と同じように主観的に「政治利用にはつながらない」とほざいているが、それは、バカの考えたことであって、参議院議院運営委員会で対応を決められることだろう。天皇陛下に、原発菅災の被害について直訴しても、天皇陛下に何ができるのかと言うことも分かっていない大馬鹿者を国会議員であること自体、大問題だ。原発菅災の健康被害についても、国が対応することであり、国会議員と言うことは自分が当事者だという意識もないのだから、無知無能の山本太郎と称しても罰は当たるまい。
 無所属議員なので、議員とはいかなるものかというきょういくを施す党にも所属していないのだから、と言う言い訳は通用しない。山本太郎は自ら国会議員を辞職するべきだ。(No.3815)

|

« 東電の責任国民に丸投げ | トップページ | 防潮堤大阪都にすりゃすぐできる »

健康」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58492095

この記事へのトラックバック一覧です: 身の程を知らないバカもいる議員:

« 東電の責任国民に丸投げ | トップページ | 防潮堤大阪都にすりゃすぐできる »