« 外交でバカを誉めても意味はなし | トップページ | アベノミクスだけは賛成してやるが »

親の悪行隠した朴の安倍嫌い

朴槿恵氏 安倍首相の祖父と父が親しかった発言に激怒した
 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領就任から9か月、いまだに日韓首脳会談が開かれない異常事態が続いている。「日韓冷戦」といわれるほど両国の関係がこじれるとは、9か月前、両国民とも想像さえしていなかったに違いない。
 朴氏の父親は元大統領の朴正煕(パク・チョンヒ)氏だ。東京の陸軍士官学校を卒業し、終戦まで関東軍の中尉。1965年には、日韓基本条約を結んで日本と国交を樹立した。しかも、安倍首相の祖父である岸信介・元首相と深い親交を結んでいた。
 「安倍首相と朴大統領の深い縁は、ぎくしゃくしている日韓関係を改善させてくれるはずだ」
 そう考えていた日韓の政界人、財界人、一般国民は多かった。だが、その期待は、朴氏のその後の行動によって、完全に裏切られた。
 東アジア外交を担当してきたアメリカの国務省高官OBが話す。
 「朴氏は、父親が日本と深い関わりを持っていたことに、親日が犯罪的であるとされる国の政治家として負い目を感じていた。ところが安倍氏は、好意からでしょうが、今年2月の訪米時の講演で『私の祖父と朴大統領のお父様は親しかった』と発言した。朴氏からすると、A級戦犯被疑者である岸氏と父親の仲を世界に向かって公言されたわけだ。それに朴氏は激怒したと聞いている。
 それ以来、朴氏は外交の基軸に日本の戦争犯罪に対する完全な謝罪と補償を据えてしまった。ハタ迷惑な話だが、“反日”に政治生命を懸けたといっていい」 ※週刊ポスト2013年11月29日号(以上(ZAKZAK2013.11.20)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131120/frn1311201531004-n1.htm

 日韓問題は、どうやら、国と国との問題ではなく、朴槿恵の糞ババアの私怨の問題であることが明らかになった。
 要するに、朴槿恵の糞ババアは、安倍総理から糞親父の朴正煕と安倍の祖父・岸信介の仲がよかったと言うことを国内に隠したいだけで、ヒステリーを起こしているのだ。当然、「反日」を国是としている朴槿恵の糞ババアの親父が親日だったとなると、国政が立ちゆかなくなるのだ。今でも、South Koreaの裁判所では、遡及法によって、植民地時代に日本に肩入れをした朝鮮人の子孫まで暴き出して、私財を没収すると言うことをやっているのだから、朴槿恵としては自分の親のSouth Koreaから見た悪行は、暴かれて困る内容なのだ。朴正煕が、日本の軍人であったことは明らかなことだ。また、朴正煕が朝鮮戦争時代、慰安婦をとりまとめる立場であったことも明らかになっている。しかし、史実をひん曲げても、自分の立場を守るという習慣のあるSouth Koreaでは許されないことなのだ。
 日本政府は、安倍総理と朴正煕が親友だったことをもっとアピールするべきだ。また、慰安婦についても、植民地後には朴正煕がやっていた事実も世界中に知らしめるべく、外交を展開させるのだ。そして、朴槿恵の糞ババアのメンツを徹底的に潰し、政権から引きずり下ろすのが、一番早い、日韓外交の修復になるのではないだろうか!(No.3834-2)

|

« 外交でバカを誉めても意味はなし | トップページ | アベノミクスだけは賛成してやるが »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58616532

この記事へのトラックバック一覧です: 親の悪行隠した朴の安倍嫌い:

« 外交でバカを誉めても意味はなし | トップページ | アベノミクスだけは賛成してやるが »