« 国民に知られたくないことがある | トップページ | 言論統制が粛々と進む »

通名の廃止をすれば済む話

「通名強制された」在日韓国人男性の訴え2審も棄却 「侵害の悪意ない」大阪高裁
 在日韓国人の男性(53)が工事現場で働く際に通名(日本名)を使うよう強制されて精神的苦痛を受けたとして、大手ゼネコンや国などに100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が26日、大阪高裁であった。林圭介裁判長は「通名使用を強いたことは否定できないが、社会的に許容できない対応とは認められない」として、原告側の控訴を棄却した。
 判決によると、男性は平成21年9月~22年1月、大阪市内の工事現場で、大手ゼネコンの下請け建設業者に雇われ働いた。現場での登録名は通名とされ、ヘルメットにも通名のシールが張られた。
 林裁判長は判決理由で「雇用手続きについて業者に誤解があり、不必要な通名使用を強いたことは否定できない」とする一方、「業者の対応は男性を速やかに仕事に従事させるためで、アイデンティティーを侵害するなどの悪意は認められない」と判断した。
 男性は判決後、「非常に残念な結果だ」と述べた。
 今年1月の1審大阪地裁判決は「男性が『通名でかまわないのですぐに働きたい』と承諾しており、強制はなかった」として請求を棄却した。(以上(MSN産経ニュース2013.11.26 12:03)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131126/waf13112612040026-n1.htm

 在日South Koreanが、通名を強要されたとほざいて起こした訴訟で、二審でもものの見事に棄却された。
 そもそも、在日Koreanに通名など必要がないのだ。通名をころころ変えて犯罪の温床になっているのも現実だ。日本政府は、直ちに通名の使用を禁止するように法整備を進めるべきだ。そうすれば、通名を使った犯罪も無くなることだろう。
 本名で呼ぶようになれば、South Koreaは日本人がハングルの発音が出来ないことを根に持って、次は、本名をちゃんと呼ばないと訴訟を起こすことだろう。(No.3839)

|

« 国民に知られたくないことがある | トップページ | 言論統制が粛々と進む »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58647864

この記事へのトラックバック一覧です: 通名の廃止をすれば済む話:

« 国民に知られたくないことがある | トップページ | 言論統制が粛々と進む »