« 薬害で責任取った例しなし | トップページ | 庶民だけ背負わされてる復興費 »

小泉に振られ山本にしがみつく

「山本議員、社民党と一緒に脱原発行動を」吉田党首
■吉田忠智・社民党党首
 山本太郎参院議員が園遊会で皇室の政治利用との疑念を抱かれるような行動をとったことは反省しなければならない。しかし、それが議員辞職につながるとは考えていません。昨日、本人も猛省すると言われておりました。社民党も参院選では東京選挙区で山本さんの応援をした。ぜひ66万余の有権者の思いを受け止めてほしい。私ども社民党と一緒に脱原発、特定秘密保護法案への反対も含め、議員として期待されておりますのでしっかりと行動して頂きたいと思っています。(国会での会見で)(以上(朝日新聞2013年11月6日19時56分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/TKY201311060354.html

 園遊会でパフォーマンスを繰り広げ、与野党から袋叩きにあっている山本太郎に、社民党が歩み寄りたいようだ。
 小泉純一郎にラブコールを送りながら、ものの見事に振られた社民党党首・吉田忠智だが、今度は懲りずに、山本太郎に触手を伸ばしているそうだ。「脱原発」だけで一緒にやろうというのだから、そもそもの考え方が間違っていると思うのだが、とにかく党勢を立て直したい社民党としては、節操もなく誰にでも歩み寄ってクリンチしたいのだろう。脱原発を成し遂げるのであれば、単に代替エネルギーを議論すれば済む話では無い。まず、今ある原発の最終処分場をどうするかという議論を始めない限り、全く意味をなさないのが、単なる「脱原発」論者だ。社民党など何でも反対党で、生きた国賊・鳩山政権で、福島瑞穂は、代替地をどこにするかという代案もないまま、とにかく辺野古先移転は反対だとほざいて、大臣を首になった。全く以て、社民党とは、世論受けを狙って世論から相手にされない一人芝居をやっているとしか考えられない。党首が無名だから、有名人を取り込もうとする姑息な考えは止めた方が良いだろう。
 次の選挙で、社民党が政党要件を満たそうとすれば、各論よりもトータルでどうするかというトータルソリューションを出さない限り、政界から消えるだけだ。(No.3820-2)

|

« 薬害で責任取った例しなし | トップページ | 庶民だけ背負わされてる復興費 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58530744

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉に振られ山本にしがみつく:

« 薬害で責任取った例しなし | トップページ | 庶民だけ背負わされてる復興費 »