« 大学は猫も杓子も学士様 | トップページ | 代表のくせに猪木には他人事 »

国会も軽視維新の好き勝手

猪木氏の団体、平壌に事務所開設 スポーツ交流目的
 【平壌共同】アントニオ猪木参院議員(日本維新の会)が理事長を務めるNPO法人「スポーツ平和交流協会」は4日、北朝鮮・平壌に事務所を開設した。日本人スタッフは常駐せず、日常業務は北朝鮮側が担う。
 訪朝している猪木氏は「何年か前から考えてきたことが実現し感無量だ。スポーツを通じ平和に貢献したい。日本にもその意義を伝え、理解してもらおうと思う」と語った。
 猪木氏は4日、提携先である朝日友好親善協会の馬哲洙書記長と事務所開設に関する合意書に調印。2人で事務所名が記載されたプレートを取り付けた。(以上(2013/11/04 17:24【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013110401001627.html

 日本維新の会のアントニオ猪木が、参議院の許可も受けずに身勝手に北朝鮮に行って、事務所を開いたそうだ。
 国会期間であるにもかかわらず、参議院の制止を振り切ってまで北朝鮮を訪問したアントニオ猪木には、議員辞職をして貰うしかあるまい。それでなくても、国会議員が国会議員という重責も考えずに、山本太郎のような行動を起こしたり、今回の猪木の行動もそうだが、余りにも議員の重責を無視しているのではないだろうか?今、日本国は北朝鮮の核開発・核実験・ミサイル実験に対して経済制裁を行っていると言うのが、公式な立場だ。それを国会議員が守らないと言うのだから、個人プレーもいい加減にして欲しいものだ。NPOの現地事務所を作るのは構わないが、国会議員を辞職してからにして欲しい。それが、国会議員という矜持だろう。師匠の力道山が北朝鮮出身というのは分かるが、個人の公私混同で動くような輩を国会議員に推した、日本維新の会の責任も問われるべきだろう。
 まあ、日本維新の会は、橋下徹の個人的な政党のようなもので、最近、橋下の言動をマスコミが取り上げなくなったから、別の意味で目立ちたいというのが下心だろう。(No.3819)

|

« 大学は猫も杓子も学士様 | トップページ | 代表のくせに猪木には他人事 »

「スポーツ」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58518187

この記事へのトラックバック一覧です: 国会も軽視維新の好き勝手:

« 大学は猫も杓子も学士様 | トップページ | 代表のくせに猪木には他人事 »