« 韓国の無知ほど怖いものはない | トップページ | 日替わりで判断変わるのが維新 »

データねつ造も大学なら無罪

ディオバン、滋賀医大もデータ不一致 学内調査、月内に公表
 製薬会社「ノバルティスファーマ」の降圧剤「ディオバン」(一般名・バルサルタン)を使った臨床研究で論文のデータが不正操作されていた問題で、滋賀医科大の論文でも記載されたデータと基の資料となるカルテの数値が一致しない部分が複数あることが13日、学内調査委員会の調査で分かった。滋賀医大関係者は「不一致は事実。ずさんだ」として、改竄(かいざん)や捏造(ねつぞう)の可能性を示唆した。同委員会は今月中に検討結果を公表する。
 一連の研究には同社の元社員2人が関わったとされ、1人は滋賀医大の研究員としてデータ管理や統計解析などを手がけていた。
 臨床研究の責任者を務めたのは同大学病院長の副学長で、産経新聞の取材に対し、調査では「データの不一致は入力ミスなどによるもので、人為的な操作ではない。論文の結論に間違いはない」との趣旨の回答をしたと話している。
 滋賀医大での臨床研究は平成15~18年に実施され、糖尿病を伴う高血圧患者の150症例について、ディオバンの効果を他の薬と比較し、「腎臓を保護する効果がある」と評価。論文は米国の糖尿病専門誌に掲載された。この時期に、大学側は同社から研究奨励金として総額6千万円以上の寄付を受けていた。
 滋賀医大は今年5月下旬、学外の有識者を交えた調査委を設け、論文の信頼度や元社員の関与の度合いなどの検討を進めていた。(以上(MSN産経ニュース2013.10.14 09:23)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131014/crm13101409240001-n1.htm

 ノバルティスファーマ社の職員が絡んだ大学におけるデータねつ造について、滋賀医大の論文でも行われていたことが、学内調査委員会の調査で分かった。
 しかし、この事件は、ノバ社の商品「ディオバン」の効能の詐欺事件と言っても良いのに、警察当局の強制調査もさせずに、大学内の調査だけで、肝心のデータねつ造を実際に行った元ノバ社員については、調査を拒否しているために、明らかにされていない。これ以上、大学の自治という名の既得権益によって、詐欺事件をうやむやにすることは許されないことだが、これが大学調査の限界と言うことでことを収めようとしている。この事件は、大学への奨学寄付金という名の賄賂で行われたことは明白である以上、ノバ社の贈賄、大学教授の収賄、さらにデータねつ造による詐欺事件として、刑事事件とするべきだろう。
 まず、データねつ造を行ったとされるノバ社元社員を逮捕して、強制調査に乗り出すべきであり、決して、このままで終わらせてはならない事件だ。(No.3797-3)

|

« 韓国の無知ほど怖いものはない | トップページ | 日替わりで判断変わるのが維新 »

健康」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58383638

この記事へのトラックバック一覧です: データねつ造も大学なら無罪:

« 韓国の無知ほど怖いものはない | トップページ | 日替わりで判断変わるのが維新 »