« 3年は選挙がないと農家票 | トップページ | 自衛権発動すれば済む話 »

責任は卸に被せコメ偽装

コメ偽装問題、三瀧商事の捜索開始…三重県警
 三重県四日市市の米穀販売会社「三瀧みたき商事」(服部洋子社長)によるコメ偽装問題で、三重県警は24日午前、日本農林規格(JAS)法違反と米トレーサビリティー法違反の疑いで同社など計36か所の関係先の捜索を始めた。
 同社には午前9時頃、県警の車両10台が到着し、捜査員ら約40人が次々とビル内に入り、入荷や販売の伝票などの書類を押収した。
 県警によると、三瀧商事は、中国産などの外国産米や加工用米を混ぜたコメを国産米と偽って販売したほか、コメの架空取引や伝票操作をした疑い。
 農林水産省や三重県によると、三瀧商事とグループ会社「ミタキライス」(四日市市)は2010年から今年9月まで、中国、米国産のコメ計791トンのほか、酒やみそなどに使われる加工用米を混入させたコメ4386トンを国産銘柄米などに偽装して販売したとされる。偽装米の販売は過去最大規模で、一部は名古屋市の総菜製造会社に納入され、弁当やおにぎりとして大手スーパーで売られていた。(以上(2013年10月24日13時51分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131024-OYT1T00242.htm

 イオンが弁当やおにぎりを産地偽装した米で売っていた事件で、米の卸業者の捜査が始まったそうだ。
 確かに、明らかなJAS法違反に当たるだろうが、それよりも、イオン側から国産米では出せない価格で卸すように誘導していなかったかを調べるべきだ。国産米の米価は、お上によってある程度統制が取られている以上、その価格を下回る値段をイオンが要求していたならば、イオンも同罪とするべきだ。
 既にイオンは、酒類の卸売業者に原価割れで納入させたことで、公取委の指導を受けながら、無視し続けているのだ。あくどいことをしない限り、爆発的に商売が広がること自体、おかしなことだ。(No.3808-2)

|

« 3年は選挙がないと農家票 | トップページ | 自衛権発動すれば済む話 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58450130

この記事へのトラックバック一覧です: 責任は卸に被せコメ偽装:

« 3年は選挙がないと農家票 | トップページ | 自衛権発動すれば済む話 »