« 日替わりで変わる橋下信じれぬ | トップページ | いつまでも口先だけの汚染水 »

台風にかこつけ流す汚染水

せきの水、40トン排出=台風で水位上昇-福島第1
 東京電力は16日、台風26号の影響で福島第1原発の放射能汚染水の貯蔵タンク群を囲むせきにたまった水の水位が上昇しているとして、せき内の水を移送していた小型タンクから約40トン排水したと発表した。水位上昇に対応するため、移送先を確保するのが目的。
 東電によると、午前5時40分、護岸から約500~600メートルに位置するCタンク群のせき周辺に置かれた容量25トンの小型タンク2基で、排水を開始。排出した水からセシウム137が1リットル当たり21ベクレル検出されたが、暫定基準値(同25ベクレル未満)内で、東電は「問題ない」と話している。(以上(時事ドットコム2013/10/16-08:42)より引用)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013101600144

 東京電力が、台風にかこつけて汚染水を雨水と称して、また、垂れ流したそうだ。
 原発菅災が発生する前には、微量の放射性物質が漏れ出たと言っても、大騒ぎしていたのに、今では、何かにつけて屁理屈をつけて東電は汚染水を垂れ流すようになったとしか思えない。雨が降れば、せき内に雨水が溜まるのは当然のことであるし、今のせきでは、汚染水がタンクから漏れ出せば、東電の思うつぼで、全てを貯めることのできない欠陥があっても東電は知らぬ顔だ。それで、「問題ない」とほざいていれば、法的責任も負えないようにした民主党無能政権の刑事責任を問うべきではないだろうか。歩く国賊・菅直人が、やることはやったなどとほざいているが、脳みその構造がおかしいのだから、それを歩く国賊・菅直人に知らしめるには、刑務所にぶち込んでお遍路に行けなくするぐらいしか、調教の方法はあるまい。
 また、東電に対しても、全く当事者意識も管理意識すら欠如しているのだから、今後、少しのミスがあっても、広瀬直己他糞の役にも立たない役員を即時収監するぐらいの対応が必要だ。(No.3799-2)

|

« 日替わりで変わる橋下信じれぬ | トップページ | いつまでも口先だけの汚染水 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58395316

この記事へのトラックバック一覧です: 台風にかこつけ流す汚染水:

« 日替わりで変わる橋下信じれぬ | トップページ | いつまでも口先だけの汚染水 »