« 安住に口出しなど被災地には不要 | トップページ | 大阪都なったとたんに夕張市 »

朴槿恵の顔潰すのが処方箋

韓国、慰安婦にまた言及=「法的責任認めよ」と女性家族相-国連総会
 【ニューヨーク時事】韓国の趙允旋・女性家族相は11日、国連総会第3委員会(人権)での討論で従軍慰安婦問題を取り上げ、「責任を負うべき政府が法的責任を認め、被害者に受け入れ可能な適切な措置を取るべく要請する」と述べ、名指しを避けながらも、日本政府に謝罪を含めた対応を改めて求めた。
 趙氏は「女性の地位向上」をテーマにした討論でスピーチのほとんどを慰安婦問題に割き、「彼女たちは事実上の囚人で、1日に10~30人の兵士の相手をさせられた」などと説明。「私には、この問題が起きたことを忘れたい人々が、慰安婦被害者が全員死ぬのをただ待っているように思える」と述べ、日本の対応が不十分だとの主張を展開した。
 これに対し、日本の梅本和義次席国連大使は答弁権を使い、「慰安婦として悲惨な苦痛を経験したすべての人々を思うと、日本として深く心が痛む」と述べつつ、賠償請求権をめぐる問題は解決済みだとする日本の立場を強調。韓国側は「慰安婦問題は未解決だ」と反論し、双方が譲らなかった。(以上(時事ドットコム2013/10/12-09:28)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013101200100

 South Koreaがまた国連の場で、嘘八百を並べ立てて慰安婦問題を出してきた。
 それに対して、日本の国連大使が否定したが、アホなSouth Koreanに「解決済み」といくら言った所で、納得する訳がない。と言うよりも、South Koreaと和解することなど、日本が全面的に非を認めない限りあり得ないのだ。それよりは、国連大使が、解決済みである証拠として、日韓基本条約時の締結した条項を読み上げることだ。そうすれば、どのような内容で解決済みと言っているかを世界に知らしめることができる。その上で、その条項をどう解釈したら未解決と言えるのか、South Koreaに答弁させるのだ。どうせ、言いがかりに過ぎないのだから、世界を納得させるような答えは返ってこないだろう。なぜ、日本政府がそこまでSouth Koreaを追い詰めないのか、不思議でならない。事実を世界に知らしめて、如何にSouth Koreaが理不尽なことをほざいているかを世界にアピールすることが一番重要だ。安倍総理は、売国奴・村山富市と河野洋平の談話を決して踏襲してはならないのだ。
 任期4年を残して死に体の朴槿恵に止めを刺すことこそが、今の事態の収拾になると考えるべきだ。朴槿恵の顔色を気にしているからつけ込まれるのだ。これは、ヘイトスピーチでも何でもない、これが日本の歴史認識だ。(No.3795-2)

|

« 安住に口出しなど被災地には不要 | トップページ | 大阪都なったとたんに夕張市 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58367390

この記事へのトラックバック一覧です: 朴槿恵の顔潰すのが処方箋:

« 安住に口出しなど被災地には不要 | トップページ | 大阪都なったとたんに夕張市 »