« 屁理屈の限度を知らぬのはコリア | トップページ | 糞にもならない維新の協議拒否 »

菅がいるから脱原発が進まない

小泉元首相「脱原発」、共産・民主から賛同の声
 小泉元首相が最近講演などで「脱原発」を主張していることについて、野党幹部が取り上げる場面が目立っている。
 これまで小泉内閣を厳しく批判してきた党も多く、自民党内では「小泉氏は野党に利用されている」との声も出ている。
 小泉氏の脱原発発言を巡っては、共産党の志位委員長が17日の記者会見で「理が通っている」と賛同したほか、小泉内閣時代、小泉氏を厳しく追及した民主党の菅元首相が今月3日の広島市での講演で、「ここだけは私も拍手している」と語った。小泉内閣時代は自民党に所属していた、みんなの党の渡辺代表も17日の衆院本会議での代表質問で、「小泉氏は『首相が決断すれば(原発ゼロに)できる』と言っている」と、発言を引用した。
 ただ、小泉氏を利用して政府・与党を揺さぶるという野党の狙いは明確なだけに、自民党内の反応は小泉氏におおむね冷淡だ。甘利経済再生相は「いい意味では純粋、悪い意味では短絡的」と評した。(以上(2013年10月19日20時52分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131019-OYT1T00794.htm

 歩く国賊・菅直人が、自分が何を言っても支持の広まりを見せない『脱原発』に、小泉元総理が『脱原発』発言をしたことの尻馬に乗っているようだ。
 自分だけ、太陽光発電にして電気代を稼いでいる姑息な歩く国賊・菅直人が、いくら脱原発を叫んでも、あなたにだけには言われたくないという国民が大多数だろう。脱原発=菅直人という図式は、日本に存在しないだけ、歩く国賊・菅直人は嫌われているのだ。それゆえに、歩く国賊・菅直人が脱原発とほざいても、極一部の人しか反応しないのだ。脱原発、それは必要な方策だと思うが、そこに、歩く国賊・菅直人がしゃしゃり出ることが許されないのだ。歩く国賊・菅直人内閣時に、汚染水問題で、遮水壁を作らなくてもよくしたのは、誰か犯人捜しをした上で、放射性物質をまき散らした罪で刑事責任を問うべきだ。今の所分かっているのは、経産相だった海江田万里が判断したことになっているが、歩く国賊・菅直人内閣で、大臣の独断で物事が決められたかを考えれば、歩く国賊・菅直人の判断以外認められなかった事実を勘案すれば、歩く国賊・菅直人が遮水壁を作らせなかったと判断するべきだろうが、それは司法当局が明らかにすることだ。
 脱原発を推進するには、歩く国賊・菅直人の言論の自由を制限してでも、何もほざかせないようにすることが、第一だ。(No.3803-2)

|

« 屁理屈の限度を知らぬのはコリア | トップページ | 糞にもならない維新の協議拒否 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58418818

この記事へのトラックバック一覧です: 菅がいるから脱原発が進まない:

« 屁理屈の限度を知らぬのはコリア | トップページ | 糞にもならない維新の協議拒否 »