« 朴槿恵は無視していれば済む話 | トップページ | 韓国の司法条約さえ知らぬ »

カットした福祉三セクに垂れ流す

橋下市長「不必要、どんどん処理」大阪名物・違法駐車の解消目指した公社“解消”へ
 違法駐車をなくすため地下駐車場を建設し運営を担ってきたものの、経営破綻に陥った大阪市の外郭団体「大阪市道路公社」について、大阪市の橋下徹市長は8日、今年度末に解散させる意向を明らかにした。負債334億円は市が第三セクター等改革推進債(三セク債)を発行して肩代わりする方針。9日の市の幹部会議で正式に決定する。
■どんどん掘った…結局、税金113億円投入
 市役所で記者団に答え「不必要なものはどんどん処理していくという話しだ」と述べた。
 同公社は“大阪名物”ともいわれた違法駐車を解消する目的で、平成6年に市が全額出資して設立。大阪駅前地下駐車場など地下駐車場8カ所を建設し、運営するなどしてきたが、駐車場収入だけで建設費をまかなうとしていた当初の計画は破綻。建設資金の返済のために借金を繰り返す悪循環に陥り、赤字決算が続いていた。
 市建設局によると、昨年度末の負債総額が351億円。今年度末の返済額を差し引いた334億円について市が、三セク債を発行して肩代わりする。平成35年の三セク償還期限までに113億円の返済資金が不足する見込みで、公的投入で補うとしている。(以上(MSN産経ニュース2013.10.8 11:54)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131008/waf13100811590013-n1.htm

 大阪のお山の大将・橋下徹が、三セクの「大阪市道路公社」の経営破綻について、「不要なものはどんどん処理する」とほざいたそうだ。
 単に処理すると言っても、市民への福祉・教育等のサービスを切り捨てた金を破綻処理に使うというのだから、維新の会の候補を堺市長に据えていれば、大阪都として、堺地域の税金も、破綻処理に使われることとなっていただろう。大阪市の借金は、大阪市が払えば良いことで、他の地域まで大阪都という名の下に搾取される筋の話ではない。それにしても、コインパーキングが増えたから、大阪市道路公社の駐車場の実入りが減って経営破綻のいう話だが、大阪市の路上駐車がなくなったとでも言うのだろうか?とてもそのようには思えないが、警察と連携して、「駐車場に止める方が路上駐車よりも安い」と大阪市民を調教しなかったから破綻したのではないだろうか?(No.3791-3)

|

« 朴槿恵は無視していれば済む話 | トップページ | 韓国の司法条約さえ知らぬ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58344823

この記事へのトラックバック一覧です: カットした福祉三セクに垂れ流す:

« 朴槿恵は無視していれば済む話 | トップページ | 韓国の司法条約さえ知らぬ »