« 国ぐるみ遵法意識ないコリア | トップページ | 朝鮮に絶対行かさぬ自衛隊 »

社保庁のままの税金無駄遣い

無駄な作業時間が2万2千時間 日本年金機構に体質改善要求
 日本年金機構が昨年度、外部委託した被保険者の名前や住所の入力業務のうち、約356万件をすべて機構職員が処理していたことが27日、会計検査院の調べで分かった。作業時間にすると約2万2千時間、1日8時間勤務の職員2750日分の仕事が削減可能だったことになる。
 検査院は、職員が仕事の流れでそのまま処理していたと指摘。業務効率化やコスト削減の意識が不十分だとして、近く機構に改善を求める。
 業務の無駄が繰り返し指摘されてきた機構の体質が、依然として改善されていない実態が明らかになった。(以上(2013/10/28 02:00【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102701001819.html

 日本年金機構が、会計検査院の調査で2万2千時間も税金の無駄遣いをやっていたことが発覚した。
 そもそも、社保庁というどうしようもない輩の集合体の、看板だけ「日本年金機構」と掛け替えただけなのだから当然のことだろう。年金記録のことは、全て社会保険庁が悪いことなのに、税金でその尻ぬぐいをやっているという意識すらないのだから、日本年金機構の全職員の給与を東京の最低時給にしてやれば、無駄はなくなるだろう。全ての責任は日本年金機構の前身である社会保険庁時代に、自分たちがやらかしたミスなのだから、それを自分たちで補うのは当然のことだ。
 会計検査院は、日本年金機構に対して、外部委託2万2千時間分の血税を国庫に返還させるようにするべきだ。当然、日本年金機構の全役員は、報酬カットの上、年金も国民年金の基礎年金分だけにするべきだ。こいつらには、無駄なことをやった報いをしっかり受けさせるべきだ。(No.3811-2)

|

« 国ぐるみ遵法意識ないコリア | トップページ | 朝鮮に絶対行かさぬ自衛隊 »

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

年金」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58469283

この記事へのトラックバック一覧です: 社保庁のままの税金無駄遣い:

« 国ぐるみ遵法意識ないコリア | トップページ | 朝鮮に絶対行かさぬ自衛隊 »