« 真実を書かれイオンが激怒する | トップページ | 安住に口出しなど被災地には不要 »

反省がまだまだ足りぬ民主党

「反省ばかりの民主ではダメだ」党執行部に注文
 民主党の大畠幹事長は9日、地方組織の立て直しに向けた全国行脚の一環で来県し、同党和歌山県連や連合和歌山の幹部らと意見交換した。
 大畠幹事長はあいさつで、昨年12月の衆院選、今年7月の参院選での敗北について、「責任は党本部にある。皆さんの努力に応えることができず、申し訳なかった」などと陳謝。党再生に向けて、地方組織の強化や党改革の必要性を強調した。
 意見交換会は非公開で行われ、出席者からは「反省ばかりしている民主ではダメだ」「野党再編は必要だが、政策の違う政党との連携はしてほしくない」などの声が上がったという。
 会合後、大畠幹事長は取材に対し、参院選で和歌山選挙区に候補者を擁立できなかったことにも触れ、「政治スクールを開校するなど、政治家を志す人をサポートしていく環境づくりも大切だろう」と述べた。(以上(2013年10月10日15時56分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131009-OYT1T01548.htm

 民主党の大畠幹事長が、和歌山県の幹部と意見交換して、「反省ばかりしている民主ではダメだ」などと、持ち上げられたそうだ。
 しかし、私としては全く反省していないのが民主党だ。何を反省したのか全く見えてこないし、原発菅災の対応で、汚染水を垂れ流しにした張本人である海江田万里が代表に居座っていることだけでも、全く反省していないとしか感じられない。細野豪志だけに責任を負わせて、大畠なるものを幹事長に据えただけだ。また、歩く国賊・菅直人にしろ、被災地を巡るのならばまだ分かるが、お遍路をして自慢しているのだから、まともな思考回路と人間性を持っていないことは明確だが、民主党は放し飼いにしている。また、野田ブタは、消費税増税は自分の成果だとほざいているが、経済対策無しに消費税増税だけ決めて、何を自慢しているのかと言いたい。
 社民党と同じように、国民を裏切った政党に将来などない。サッサと国会議員を辞めて、日本の国政から手を引くべきだ。(No.3794-2)

|

« 真実を書かれイオンが激怒する | トップページ | 安住に口出しなど被災地には不要 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58361755

この記事へのトラックバック一覧です: 反省がまだまだ足りぬ民主党:

« 真実を書かれイオンが激怒する | トップページ | 安住に口出しなど被災地には不要 »