« 東電に取り憑いているぼったくり | トップページ | JRならば何でも許される »

イオンには罪は及ばぬコメ偽装

過去最大のコメ産地偽装、中国産米を混入 農水省、業者を刑事告発へ 
 流通大手イオンが販売した弁当などに中国産米が混入していた問題で、農林水産省は4日、産地を偽装したなどとしてコメを卸していた三瀧商事(三重県四日市市)と関連団体に、日本農林規格(JAS)法などに基づく改善指示や勧告を出した。偽装された可能性があるコメの流通量は過去最大の計約4400トン。同省は不正競争防止法違反などでの刑事告発を検討、4日午後には三瀧商事の担当者を東海農政局に呼び、指示書を手渡した。
 農水省によると、平成22年10月から25年9月までに国産米として流通した約4400トンに中国産や米国産のコメが約790トン混入していた。加工用米を主食用として販売した事例や国内産地の表示偽装もあった。
 今回の問題では、三瀧商事が弁当などの製造元である名古屋市の2社に納入したコメの一部が中国産だったと指摘されている。イオンは西日本を中心に約670店舗で、「国産米」と表示して販売した弁当などの一部に中国産米が混入していたと説明している。(以上(MSN産経ニュース2013.10.4 13:54)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131004/biz13100413550011-n1.htm

 イオンの売った弁当の一部に中国産米が混入していた事件で、産地偽装したコメを卸していた業者が刑事告発されることになったそうだ。
 素人目にも、卸屋がイオンの権力を笠に着た値下げ圧力に対して、国産米では対応できないから中国産米を混ぜて、値段を合わせたと見るべきものだろう。しかし、岡田克也の権力がまだ衰えないのか、小汚い商売をするイオンは自分の手を汚さないというのか、イオンには捜査が及んでいない。この業者に対して、どのような圧力が、イオンからあったのかも捜査当局は調べるべきだ。当然、この卸業者が産地偽装したことに変わりはないが、それで罪を問うならば、JAにも罪を問うべきだろう。何しろ、南魚沼産コシヒカリは、産地での生産量の10倍程度の南魚沼産コシヒカリが世の中にまかり通っているのだから。私の知人が、南魚沼のJAでコシヒカリを買った所、現地の兼業農家の方から、半分は混ぜ米だと指摘されたことがあると聞いたことがある。
 とにかく、お上は弱い立場の業者には、JAS法に基づく改善指示や勧告を出すが、イオンやJA等にはお構いなしなのだから、どこまで癒着が進んでいるのか、誰も調べるのがいないのがこの国なのだろう。(No.3788)

|

« 東電に取り憑いているぼったくり | トップページ | JRならば何でも許される »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58319356

この記事へのトラックバック一覧です: イオンには罪は及ばぬコメ偽装:

« 東電に取り憑いているぼったくり | トップページ | JRならば何でも許される »