« 橋下が嫌なら見るなとツイッター | トップページ | 3年はアホの出る間のない選挙 »

こんなことしてても自民責める気か

海江田氏、2年前に遮水壁先送りを容認していた
 民主党の海江田代表は18日、東京電力福島第一原発事故の汚染水流出を防ぐ遮水壁を巡り、東電が事故直後の2011年6月、設置を検討しながら経営破綻の恐れがあるなどとして先送りを求めていたと語った。

 海江田氏は当時経済産業相を務めていたが、東電の説明を受け入れ、先送りを容認した。
 国会内で記者団に語った。海江田氏によると、東電は11年6月に遮水壁の設計を検討していたが、同月中旬になって東電の最高幹部(当時)から、費用が1000億円と試算されるとの説明があったほか、「設置費用を債務に計上すれば、破綻の不安を持たれる。6月28日には株主総会もある。今は設置できない」との理由で先送りの要請があった。海江田氏は、「中長期的課題」とすることを条件に、これを受け入れた。
 海江田氏は当時の判断について、「あの時点では間違っていなかった。東電が破綻すれば、被災者への賠償はどうなる、ということを考えねばならない」と述べた。国費を投入しての遮水壁設置についても「『東電に責任を取らせるべきだ』という当時の世論では難しかった」と語った。
 これに関し、同党が18日に開いた対策本部の会合では、当時原発事故担当の首相補佐官だった馬淵澄夫衆院議員が、「東電の武藤栄副社長(当時)から『(遮水壁の設置を)遅滞なく進める』との話があった」と述べた。(以上(2013年9月18日14時13分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130918-OYT1T00653.htm

 泣き虫・海江田万里が、福島第一原発菅災において、東京電力のわがままを聞いて遮水壁建設の先送りを認めたということを吐いた。
 しかし、真実はそうだろうか?何かに付けて自分で判断しなければ気の済まない歩く国賊・菅直人をスルーして海江田万里だけの判断で決められる状態だったのだろうか?また、言い訳として、「『東電に責任を取らせるべきだ』という当時の世論では難しかった」ともほざいているが、歩く国賊・菅直人は、無知無能の宇部高校の同窓生に「内閣支持率が1%になろうとも総理を辞めない」とほざいていたぐらいだから、とても世論を気にして政治ごっこをやっていたとは思えない。
 与野党は、汚染水問題についての閉会中審議を行い、馬淵澄夫、海江田万里、歩く国賊・菅直人の証人喚問を行い、誰がこのような判断をしてこのような事態を招いたのか明確にするべきだ。当然ながら、汚染水対策よりも会社の損益を優先した東電幹部も同様だ。(No.3772)

|

« 橋下が嫌なら見るなとツイッター | トップページ | 3年はアホの出る間のない選挙 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58223579

この記事へのトラックバック一覧です: こんなことしてても自民責める気か:

« 橋下が嫌なら見るなとツイッター | トップページ | 3年はアホの出る間のない選挙 »