« 汚染水民主にとって他人事 | トップページ | 基本から意見が合わぬのが維新 »

文句言う立場なんかじゃないコリア

日本の右翼団体、8日から嫌韓デモ再開
五輪開催地決定を受け
 反人権的な「嫌韓デモ」を繰り広げてきた「在日特権を許さない市民の会(在特会)」など日本の極右団体が、2020年の夏季五輪開催地が決まる今月8日以降にデモを再開する意向だということが分かった。
 在特会などは、在日韓国人を狙ったヘイトスピーチ・デモが「2020年夏季五輪の東京招致に悪影響を与えかねない」と批判する声が続出したため、2カ月ほどの間デモを行わなかったが、五輪開催地が決まった後の8日正午、東京都内の韓国人街・新大久保で、東京韓国学校を高校授業料無償化の対象から外すよう求めるデモを行うという。
 在特会などはウェブサイトを通じ「竹島(独島)を韓国の領土と教える韓国学校に対し、日本政府が税金を基に支援を行ってはならない」と主張している。また、仙台市などほかの地域でも、韓国との国交断絶などを求めるさまざまなデモが計画されている。在特会などはデモの最中に「韓国人を殺せ」などといったシュプレヒコールを叫び、日本国内でも「反人権的」として非難を浴びるとともに、2020年五輪の東京招致に悪影響を与えかねない、と批判する声が出ていた。日本政府はこれまで、これらのデモに対し「表現の自由」だとして、取り締まりを行わなかった。なお、在日韓国大使館は日本政府に対し、対策を講じるよう求めている。東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2013/09/05 08:33)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/05/2013090500529.html

 South Koreaの朝鮮日報が、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」など日本の極右団体のデモ再開を示唆した。
 それが何だと言いたい。それならば、South Koreaの日本大使館前に放置してある慰安婦の像は何なんだ、South Koreaで日本国旗を焼くなどという野蛮行為を取り締まらないのはなぜなのだと言いたい。逆に、「竹島(独島)を韓国の領土と教える韓国学校に対し、日本政府が税金を基に支援を行ってはならない」という主張は、至極当たり前だ。北朝鮮の朝鮮学校が金王朝を崇拝しているのと同じなのだから、南北で差を付けることも要らないのだ。それに、South Koreaから、現代の慰安婦こと売春婦が日本にやってくることも取り締まるべきことだ。
 日本政府が、表現の自由として取り締まらないのは、日本がSouth Koreaよりも民主主義が進んでいるからに過ぎない。それも分からないSouth Koreaに、あれこれ言われる筋合いはない。(No.3758-2)

|

« 汚染水民主にとって他人事 | トップページ | 基本から意見が合わぬのが維新 »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58132567

この記事へのトラックバック一覧です: 文句言う立場なんかじゃないコリア:

« 汚染水民主にとって他人事 | トップページ | 基本から意見が合わぬのが維新 »