« 汚染水菅の責任まず問えば | トップページ | 汚染水まず責めるなら元総理 »

二匹目のドジョウそんな夢などない民主

「二匹目のドジョウ」はあるか? 野田前首相に再登板説と新党結成説 
 「敗軍の将」が復活に向けて動き始めたようだ。昨年の衆院選で大敗し、民主党の下野を招いた野田佳彦前首相が、今月に入り、消費税増税や尖閣諸島(沖縄県石垣市)国有化などをめぐり発信を強めている。首相退任後は表だった発言を控え、現在の肩書も「民主党最高顧問」という名誉職でしかないが、党内には依然、代表再登板説が根強い。首相就任時に自らをドジョウにたとえた野田氏。「二匹目」はある?
 最近の野田氏の言動に明らかな変化が生まれている。政権交代直後は封印していた「生臭い」発言が、ちらほらと飛び出すようになったのだ。
 7日夜、地元・千葉県船橋市での講演。野田氏は安倍晋三首相の経済政策について「安倍日本丸は順風満帆に航行しているが、金利がはね上がるようなリスクを冒したら、船底を蹴破ることになりかねない」と批判。首相が公邸入りしないことにも「安倍さんは危機管理にものすごい問題意識を持っているが、その前にご自身が公邸に住むことが最大の危機管理の対策だ」とこき下ろした。
 今月は消費税増税の判断や尖閣国有化1年といった野田氏が首相時代に手がけた重要案件が節目を迎えたが、「前首相が発言すると機微に触れる」(周辺)として、原則、取材は拒否。
 ただ、そこは無類のプロレス好きで知られる野田氏。4日に発売された雑誌「週刊プロレス」の対談企画には登場し、「エースが先頭に立って汗かいて引っ張っていくことが必要だ」と、発信力不足が指摘される海江田万里代表をあてこするかのような言葉も口にした。
 8月31日には、長野・蓼科高原のホテルで野田グループ「花斉会」の勉強会を開き、党内の基盤強化にも余念がない。9月下旬にはシンクタンクの招きで訪米し、10月1日にワシントンで講演する。演題は「日本の未来に向けたビジョン」。国際社会にも存在感をアピールしたいようだ。
 先の参院選で惨敗し、海江田代表の交代論がわき上がった際は次期代表候補として取り沙汰された。同じ松下政経塾出身の日本維新の会の山田宏衆院議員らが野田氏を代表に新党を結成するとの臆測も流れた。
 見つめる先にあるのは代表再登板か新党結成か。復権を意識しているのは間違いないようで、船橋市での講演ではこう言い放った。
 「複数回首相をやった人は何人もいます!」(桑原雄尚)(以上(MSN産経ニュース2013.9.14 08:04)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130914/stt13091408050000-n1.htm

 景気も無視して、財務省の言いなりになって消費税率だけ上げた諸悪の根源の一人・野田豚が、復権を意識した動きをやっているそうだ。
 単に、野田ブタ以上に、生きた国賊・鳩山由紀夫と歩く国賊・菅直人という極悪人が総理を経験しているから、まだ、野田ブタがまともに見えるだけで、景気なども無視して、消費税増税しか頭になかった野田ブタが浮かばれる理由など皆無だ。
 野田ドジョウなど、福島第一原発の汚染水の中で泳いでいれば良いのだ。野田ブタを総選挙で再選させた船橋市民は脳みそと常識があるのだろうか?(No.3767-2)

|

« 汚染水菅の責任まず問えば | トップページ | 汚染水まず責めるなら元総理 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58189398

この記事へのトラックバック一覧です: 二匹目のドジョウそんな夢などない民主:

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/15 08:58) [ケノーベル エージェント]
船橋市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2013年9月15日 (日) 08時59分

« 汚染水菅の責任まず問えば | トップページ | 汚染水まず責めるなら元総理 »