« 下馬評はNOと言うてる大阪都 | トップページ | 破綻処理せずに東電支援する »

小沢には言われたくないお粗末と

小沢氏、「中身がお粗末」と挑発 首相の憲法改正姿勢
 生活の党の小沢一郎代表は22日、都内で開かれた自身が主宰する政治塾で講演し、安倍晋三首相の憲法改正に臨む姿勢について、挑発的な言葉を交えながら批判した。
 「中身がお粗末だ。9条を改正して国防軍を作るために(発議要件を定めた)96条を緩和することに、大方が首をかしげた。世間に人気がないので最近は何も言わなくなった。強い口調で言っていたことを引っ込めるのは、トップリーダーとしてどうか」と語った。
 集団的自衛権に関する憲法解釈変更には「個別的自衛権であれ、集団的自衛権であれ、日本に急迫不正の侵害や周辺事態が発生した場合のみ、自衛権行使が許されると解釈すべきだ」との見解を示した。(以上(MSN産経ニュース2013.9.22 21:47)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130922/stt13092221480001-n1.htm

 さっさと引退して、放射能の影響のない沖縄で隠居すればよいはずの小沢一郎が、安倍政権を「中身がお粗末」とほざいたそうだ。
 確かに、安倍政権の中身はお粗末に見えてきた。それならば、民主党政権はどうだったのか?と聞きたい。生きた国賊・鳩山由紀夫内閣時に幹事長をやった小沢一郎は何をやったというのだろうか?小沢は、権力を集めるために中央への陳情を幹事長だけが受けられるようにしただけではないか!そんなことをしていて、民主党がお粗末の度を超したことをしたから、国民に見放されたのだろう?消費税増税で民主党を割って出た癖に、今では民主と組んで新党などと夢物語を語るしか能のない小沢一郎を今でも、地元と称して推す方々の気が知れない。岩手は放射能が怖いので沖縄に隠居場所を作ったことを知っているはずだ。
 過去の産物が「新党」と言っても、歩く国賊・菅直人が「脱原発」とほざいているのと同じで、その事柄だけでなく、その政治屋の過去の言動を見て国民は判断しているのだ。(No.3776)

|

« 下馬評はNOと言うてる大阪都 | トップページ | 破綻処理せずに東電支援する »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

生活の党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58248370

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢には言われたくないお粗末と:

« 下馬評はNOと言うてる大阪都 | トップページ | 破綻処理せずに東電支援する »