« 橋下にもう騙されぬ有権者 | トップページ | 自ら示す後進国というコリア »

仙谷も菅を見限る落選後

中国漁船衝突事件の船長釈放、仙谷元官房長官「法務次官に要望」認める
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で平成22年9月に起きた中国漁船衝突事件をめぐり、仙谷由人官房長官(当時)が、菅直人首相(同)の意向も踏まえ、公務執行妨害で逮捕された中国人船長を釈放するよう法務・検察当局に水面下で政治的な働きかけを行っていたことが23日、分かった。仙谷氏が同日、産経新聞の取材に応じ、認めた。
 仙谷氏は、衝突事件と同時期に大阪地検特捜部による証拠改竄(かいざん)事件が発覚したことで大野恒太郎法務事務次官と面会することも多くなったことから、「次官とはいろいろ話をした。私の政治的な判断での要望については当然、話をしたと思う」と述べた。
 事件当時、菅政権は横浜市でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を22年11月に控えていた。中国側が参加を見合わせれば日本のメンツがつぶれる可能性があると焦った菅氏から解決を急ぐよう指示があったことも認めた。
 一方、政権内では岡田克也外相や前原誠司国土交通相(いずれも当時)が「これはけじめをつけよう」と法的手続きに入るべきだと主張。仙谷氏は「政治的な配慮をする必要があるかもしれないと思い、問題提起した」という。
 仙谷氏は、船長釈放決定に先立ち法務・検察当局からの要請に応じ、外務省の課長を参考人として那覇地検に派遣し、外務省の立場を説明するよう自ら指示を出していたことも認めた。
 那覇地検は「国民への影響や今後の日中関係も考慮した」として船長を釈放したが、菅、仙谷両氏は当時「検察独自の判断だった」と強調していた。
     ◇
 中国漁船衝突事件 平成22年9月7日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で違法操業していた中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突。船長は翌日、公務執行妨害容疑で逮捕されたが、那覇地検は同月25日に処分保留のまま釈放、23年1月に起訴猶予処分とした。那覇検察審査会の強制起訴議決を受けて検察官役の指定弁護士が24年3月に船長を強制起訴、那覇地裁は訴状を送達できなかったとして同年5月、公訴棄却を決定した。(以上(MSN産経ニュース2013.9.24 08:14)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130924/stt13092408180000-n1.htm

 今頃になって、仙谷由人が中国漁船衝突事故の船長釈放は、歩く国賊・菅直人の意向によるものだとゲロしたそうだ。
 当時は、責任を那覇地検に押しつけた仙谷由人だったが、落選して楽になったのか、破れかぶれになったのか分からないが、真実を話したそうだ。しかし、この行為は三権分立を破る憲法違反行為であり、ゲロしたから済むと言う問題ではない。臨時国会では、仙谷由人、歩く国賊・菅直人の証人喚問を行い、事実関係を明らかにするべきだ。
 この事故以来、日本は中国に舐めきられて、領海内まで堂々と入り込んでくるようになったのだから、この責任は、歩く国賊・菅直人に取って貰わなければならない。(No.3778-2)

|

« 橋下にもう騙されぬ有権者 | トップページ | 自ら示す後進国というコリア »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58257556

この記事へのトラックバック一覧です: 仙谷も菅を見限る落選後:

« 橋下にもう騙されぬ有権者 | トップページ | 自ら示す後進国というコリア »