« たった1万円で何をしろという | トップページ | 社会さえ知らぬ阿呆がする特区 »

自国の歴史にはまるで頬被り

ベトナム訪問の朴大統領 過去の戦争の歴史で謝罪せず
 【ソウル=黒田勝弘】ベトナム訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領が過去の戦争の歴史について謝罪発言などまったくせず、ベトナム側も何ら要求していないことが韓国で話題になっている。10日付の新聞論調では、韓国が日本に対してしきりに「歴史直視」を要求していることと矛盾するではないかとの皮肉も出ている(ハンギョレ新聞社説)。
 韓国は1960~70年代のベトナム戦争で米軍支援のため延べ30万人以上の部隊を派兵し、部分的に“住民虐殺事件”もあったとされる。ベトナム統一後、両国は92年に国交を結んだが、ベトナムは韓国に対し謝罪や反省、補償など一切求めなかった。
 しかし2001年、金大中(キム・デジュン)大統領がベトナム訪問の際、「不本意ながらベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と“謝罪”した。これに対し当時、野党だった朴槿恵ハンナラ党副総裁は「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」と批判した経緯がある。
 ベトナム派兵は父・朴正煕(チョンヒ)大統領(当時)の決断で行われたものだが、朴槿恵大統領は今回の訪問に際しベトナムの国父ホー・チ・ミンの廟(びょう)参拝、献花の時を含め戦争の歴史にはまったく触れず、もっぱら経済協力問題に終始した。
 中央日報は1面トップ記事で「父の時代の歴史に対する和解」とし「過去についての両国の成熟した立場と、間違った歴史認識にとらわれている日本を比較することになる」「日本への圧迫の意味もある」と奇妙な解釈を加えている。
 朴槿恵大統領が謝罪をしなかった背景には、ベトナム戦争を米韓による侵略戦争とするベトナム側と「自由を守るための戦争」とする自らとの間に歴史認識の違いがあるからだ。
 にもかかわらずベトナムが韓国に歴史認識の一致や謝罪、反省を求めず未来志向の協力関係を重視する“成熟”した態度は、日本ではなくむしろ韓国の対日姿勢に対する教訓であり“圧迫”になるものだろう。
 一方、韓国マスコミはベトナムが60年以上も植民地支配したフランスに対して謝罪や反省、補償など一切求めていないことにはまったく触れていない。(以上(MSN産経ニュース2013.9.10 21:22)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130910/asi13091021240000-n1.htm

 ベトナム戦争で、住民虐殺や強姦事件を起こしたと言われているSouth Koreaの糞ババア・朴槿恵がベトナムを訪問して、過去の謝罪・反省もしなければ、賠償ということも口にしなかったそうだ。
 ベトナムが、South Koreaと違って大人の国だから、謝罪要求もしなかったことは国際社会から見れば至極当たり前のことだ。South Koreaの朴槿恵は、日本に対しては謝罪謝罪、千年経っても変わらないとほざいているくせに、自分のバカ親父が起こした戦争に対しては、謝罪要求がなかったからとかほざいて、一切やっていない。これが、同じ「歴史認識」と言えるのだろうか。South Koreaは、ベトナム戦争当時、従軍慰安婦を連れて行こうとしたが、アメリカに駄目出しされて、現地調達で強姦を繰り返していた。その証拠に、「ライダイハン」というSouth Koreanとベトナム人との混血児を表す言葉があるのだから、South Koreaの屁理屈からすれば、朴槿恵は、謝罪どころか個人賠償までしても、ベトナム人から千年恨まれても仕方ないことなのだ。まず、自国の歴史を頬被りせずに客観的に見ることだ。
 朴槿恵の糞ババアは、自国の論理矛盾を自ら解消するのが先ではないだろうか?強姦国の大統領として・・・(No.3764)

|

« たった1万円で何をしろという | トップページ | 社会さえ知らぬ阿呆がする特区 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58170294

この記事へのトラックバック一覧です: 自国の歴史にはまるで頬被り:

« たった1万円で何をしろという | トップページ | 社会さえ知らぬ阿呆がする特区 »