« 現実を直視してない安倍総理 | トップページ | 会議してどうして止める汚染水 »

アホな地震学者も罪を問いたい

東電原発事故 菅元首相ら42人を不起訴 検察当局「地震、津波の予見困難」
 東京電力福島第1原発事故をめぐり、東電幹部らが業務上過失致死傷などの罪で告訴・告発された問題で、検察当局は9日、菅直人元首相(66)や東電の勝俣恒久前会長(73)ら42人全員を不起訴とした。法人としての東電も不起訴にした。告訴・告発した市民団体は検察審査会に審査を申し立てる方針。
 検察当局は同日の記者会見で「関係者が今回の規模の地震や10メートルを大きく超える津波を具体的に予見することは困難だった」と指摘。震災後の対応については「放射線量が上昇する過酷な環境であり、他の対応策を講じていれば、事故を確実に回避できたとは認められない」と結論づけた。
 原子炉格納容器の圧力を下げるベントについては「既に東電が応急の措置を講じていた」として、菅氏の現地視察や政権幹部の対応に問題はないとした。
 不起訴となったのは、勝俣氏ら東電元幹部▽菅氏ら当時の政権中枢の民主党議員▽原子力安全委員会(廃止)の班目(まだらめ)春樹元委員長(65)ら原子力行政担当者-の計42人。事故対応の権限があった人物は「嫌疑不十分」、その他の人物は「嫌疑なし」とした。
 告訴・告発で市民団体は、東電や政府関係者が、安全対策を怠って事故を引き起こし、避難を遅らせて入院患者を死亡させたり、多数の住民を被曝(ひばく)させたりしたなどと主張。検察当局は昨年8月に告訴・告発を受理し、東京地検と福島地検で捜査を進めていた。(以上(MSN産経ニュース2013.9.9 14:27)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130909/crm13090914290003-n1.htm

 福島第一原発菅災における東電幹部と歩く国賊・菅直人以下政府関係者が告訴・告発された問題で、無知無能の権化・東京地検は、不起訴処分にした。
 そもそも、福島で告訴・告発された案件を東京地検が判断すること自体間違っている。当然、検察審査会についても福島で行われ、福島県民の良識に沿って判断されるものであり、被災地でもない東京都民が判断することではない。また、不起訴処分の決め手になったのは、無知無能の塊の自称・地震学者の意見だ。当時、東北沖では、M9クラスの地震が起きないとしていた地震学者だが、世界ではM9・5の地震も起きており、それを想定できなかった罪を問うべきだ。さらに、最近では、羮に懲りてなますを吹いて仕事をしている地震学者では、M10などと言う想定をしゃあしゃあとやっている。これでは、適正な学問などとは言えない。M10に転身した地震学者も罪に問うべきだ。
 さらに、歩く国賊・菅直人が、震災翌日福島第一原発に乱入した件では、現場の最高責任者の吉田所長の手を煩わしたのだから、当然、邪魔をしたことになるのが普通の判断だろう。
 この案件は、福島県で検察審査会を開催し、被災者の立場で善悪を判断するべきだ。まして、意見書だけで任意の事情聴取も元総理という理由だけで拒否した歩く国賊・菅直人をこのまま娑婆で出しゃばらせる訳にはいかない。(No.3763)

|

« 現実を直視してない安倍総理 | トップページ | 会議してどうして止める汚染水 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58164311

この記事へのトラックバック一覧です: アホな地震学者も罪を問いたい:

« 現実を直視してない安倍総理 | トップページ | 会議してどうして止める汚染水 »