« 違う意見など受け入れない維新 | トップページ | 汚染水菅の責任まず問えば »

維新に犯されない兵庫県神戸市

神戸市長選、維新が候補擁立見送り 「人がいない」
 日本維新の会の橋下徹共同代表は11日、来月13日告示の神戸市長選について、「誰がなっても(維新が掲げる)大阪都に影響することではない。維新として誰がという話にはならないと思う」と述べ、独自候補の擁立を見送る考えを示した。大阪市役所で記者団に語った。
 松井一郎幹事長も同日の記者会見で「何でもかんでも選挙に参加すればいいということじゃない。なかなか人がいない」と述べ、擁立は困難との見方を明らかにした。今月29日投開票の堺市長選の終了後、最終的な対応を決める予定だ。
 神戸市長選を巡っては、松井氏は今年2月、「積極的に挑戦していく」と表明し、橋下氏も「関西広域連合のメンバーをいかに日本維新の会のメンバーにしていくかが重要な活動方針」との考えを示していた。
 市長選には市議の森下裕子氏(48)、自民、民主、公明各党が推薦する元副市長の久元喜造氏(59)、コンサルティング会社社長の樫野孝人氏(50)、共産党が推薦する政治団体共同代表の貫名ユウナ氏(61)が立候補を表明している。(以上(朝日新聞2013年9月11日23時53分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0911/OSK201309110138.html

 日本維新の会共同代表の橋下徹が、神戸市長選について、誰がなっても大阪都に影響することはないとほざいて、維新から市長選に誰も立てないことをほざいたそうだ。
 神戸市に愛着のある私としては、神戸市が大阪都に吸収された大阪の穢れが移ることを一番危惧する。大阪都は大阪府内でやっていればよいことで、他の府県まで巻き込む必要などないのだ。橋下徹は神戸市長も日本維新の会のメンバーに引きずり込みたいようだが、大阪以上でも無い政党に、神戸市が犯されることは、絶対に防ぐべきだ。
 大阪と神戸は直ぐ近くだが、文化は全く異なる以上、神戸が大阪に穢されることは絶対に防ぐべきだ。(No.3766-2)

|

« 違う意見など受け入れない維新 | トップページ | 汚染水菅の責任まず問えば »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58179054

この記事へのトラックバック一覧です: 維新に犯されない兵庫県神戸市:

« 違う意見など受け入れない維新 | トップページ | 汚染水菅の責任まず問えば »