« 東電が恫喝してる再稼働 | トップページ | 韓国はまず除外して自衛権 »

菅直人聴取嫌なら即逮捕

菅元首相、原発事故で地検聴取応じず…告発否認
 東京電力福島第一原発事故の対応を巡り、業務上過失致傷などの容疑で刑事告発されている事故当時の首相で民主党の菅直人・衆院議員(66)に対し、東京地検が12日に任意の事情聴取を要請したことが関係者への取材でわかった。
 菅氏側は聴取に応じず、週内にも「事故対応に問題はなかった」などと告発容疑を否認する意見書を提出する意向を伝えた。
 関係者によると、聴取に応じない理由は、政府首脳としての災害対応で捜査機関の聴取に応じる前例を作れば、今後の危機対応に悪影響を及ぼす恐れがあるためだという。
 地検は、同様の容疑で告発されている元経済産業相の海江田万里・民主党代表(64)と元官房長官の枝野幸男・衆院議員(49)にも同日までに聴取を要請した。2人も容疑を否認するとみられる。
 同事故では、原子炉建屋で水素爆発が起こり、建屋周辺で作業にあたっていた東電社員や自衛隊員ら10人以上が重軽傷を負ったほか、周辺住民も被曝ひばくした。告発では、2011年3月11日の東日本大震災直後から、事故対応の指揮を執った菅氏ら3人が対応を誤ったことが事故を招いたと指摘。特に、菅氏が事故翌日に同原発を視察したことが、放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の作業の遅れにつながった疑いがあるとしている。検察当局は、当時の官邸内部の状況や3人の認識について確認するため、聴取を要請した。
 菅氏は自著で、視察前に東電がベントを行うことを了承しており、視察の際もベントを急ぐよう指示したと主張している。意見書でも同様の説明をするとみられる。(以上(2013年8月13日14時32分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130813-OYT1T00632.htm

 歩く国賊・菅直人が、原発菅災について東京地検が任意の事情聴取を要請したが、意見書で済まそうとしていることが明らかになった。
 歩く国賊・菅直人が、原発現場との顔つなぎに震災翌日に行ったことが、ベント作業の遅れを引き起こし、それが水素爆発につながったという、ほとんどの国民が疑わないことだ。それを任意の事情聴取も拒否して意見書などで済ますことなど許されるはずもない。まして、今は国会閉会中なので国会議員の不逮捕特権も使えないのだから、東京地検は、遠慮なく歩く国賊・菅直人の身柄を拘束して、取り調べを行い、歩く国賊・菅直人を起訴するのだ。また、大本営・枝野幸男も泣き虫・海江田万里も歩く国賊・菅直人が、福島第一原発の邪魔をしに行くことを止められなかったのだから同罪だ。
 歩く国賊・菅直人は、吉田前所長が亡くなったので、死人に口なしとばかりに好き放題放言を繰り返しているが、東京地検は、事実関係を明らかにして、少しでも罪を問える部分があれば、遠慮なく起訴するべきだし、もし万が一、歩く国賊・菅直人一匹、告訴できないのであれば、東京地検など存在価値も無いのだ。(No.3735-2)

|

« 東電が恫喝してる再稼働 | トップページ | 韓国はまず除外して自衛権 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57984330

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人聴取嫌なら即逮捕:

« 東電が恫喝してる再稼働 | トップページ | 韓国はまず除外して自衛権 »