« 土下座してまでの国交なら要らぬ | トップページ | 韓国に情報をやることはなし »

身を以て責任示せ教育長

はだしのゲン:閲覧制限 前教育長、教育委員に諮らず決定
 松江市教委が故中沢啓治さんが自らの被爆体験を基に描いた漫画「はだしのゲン」の閲覧制限を全小中学校に求めている問題で、当時の福島律子教育長が自身を含めた教育委員(5人)の会議に諮ることなく判断したことが19日、分かった。同市教委は22日の定例会議で委員に説明するが、委員から「少なくとも(委員に)報告するべきだった」との声があがっている。同市教委には19日夕までに1253件の意見がメールや電話などで寄せられ、9割が批判する内容だったという。
 古川康徳・副教育長によると、昨年8月に学校図書室からゲンの撤去を求める陳情が同市議会に提出され、当時の前教育長と副教育長2人、同市教委の課長2人の計5人で対応を協議。旧日本軍がアジアの人々の首を切ったり、女性に乱暴するシーンなどを問題視し、12月の校長会で教師の許可なく閲覧できない閉架にするよう口頭で求めた。教育委員に説明しなかったという。
 ある委員は「教育委員に報告するなり、会議にかけて決定する話だと思う」。別の委員も「これだけ全国的にも話題になっている。もう1回話し合う必要がある」と批判した。
 福島・前教育長は取材に「全教育委員に諮らなければならない事例とは思わなかった。反省している。私も全巻を読んで性描写のショックが大きく、簡単に子供が閲覧できる状況にしてほしくなかった。作品を否定するつもりはなく、見せ方を工夫してほしいというつもりだった」との見解を示した。
 一方、同市教委には19日夕までに全国からメールで979件、電話で205件などの意見が寄せられた。9割は苦情や抗議といい、子供の知る権利や表現の自由などを求める声が多かったという。【曽根田和久、金志尚】(以上(毎日新聞2013年08月20日07時30分)より引用)
http://mainichi.jp/select/news/20130820k0000m040125000c.html

 真実から目を背けることを独断で決めた松江市教委の教育長だが、どんな意見を受けようとも退職しているのだから、遡及して責任を問うことはできない。
 松江市教委では、新しい教育長の下で、福島律子の犯した独断によるはだしのゲンの閲覧制限を解くことを諮るらしいが、日教組の反日教育に頭の冒された福島律子の責任を問うことはできない。しかし、松江市教委は、どのような経緯で福島律子の独断による判断がなされたかを明らかにして上で、事実関係を公表するべきだ。
 福島律子は、退職後、色々と講演活動をしているようだが、売国行為をやったとなれば、講演依頼も来なくなるだろう。福島律子は、今回の責任を取って一切の公的活動から手を引き、隠居するべきだ。(No.3742-3)

|

« 土下座してまでの国交なら要らぬ | トップページ | 韓国に情報をやることはなし »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58029233

この記事へのトラックバック一覧です: 身を以て責任示せ教育長:

« 土下座してまでの国交なら要らぬ | トップページ | 韓国に情報をやることはなし »