« 韓国が自国のことは棚に上げ | トップページ | 身の程を事務総長が弁えぬ »

東電に丸投げしてた汚染水

東電に汚染水専門チーム設置を指示へ…経産相
 東京電力福島第一原子力発電所で汚染水を巡るトラブルが相次いでいる問題で、経済産業省は26日、東電に対して、汚染水対策の専門チームの設置など対策強化を求める。
 茂木経産相が同日午後、福島第一原発を訪れて指示する。
 福島第一原発の貯蔵タンクから汚染水300トンが漏れた問題について、経産省は、日常の点検不備など、東電の人為的ミスの側面が強いとみている。「技術・資金の問題というよりも、現場の対応力の問題」などと指摘しており、東電に対する監視体制も強化する方針だ。
 東電の社内では、これまで汚染水関係の専門家の発言力が低かったとされている。このため、専門チームには、汚染水対策の知見が深いゼネコンなどに、助言を求めることも検討する。(以上(2013年8月26日15時09分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130826-OYT1T00582.htm

 福島第一原発菅災の汚染水トラブルで、ようやく国が動くことにしたそうだ。
 元々、東京電力に菅災を収束させる力などなかったのだ。全て、後手後手に廻った上に汚染水を垂れ流していることさえ、なかなか認めずに、東電役員の頭の中は、本年度黒字しかないのだから仕方あるまい。しかし、一番悪いのは歩く国賊・菅直人が、東電を怒鳴り散らしても、何一つとして国の責任回避を行って、全て東電に押しつけていたことだ。これで、刑事責任が問えないのであれば、日本は法治国家ではない。また、今回の汚染水垂れ流しについては、はっきり東電の責任を問うべきだ。
 今回の汚染水流出にしても、ゼネコンの意見を無視して、汚染水タンクのリサイクルしたことが一番の要因だ。東電の誰の指示によってそれが行われたか、警察なり検察なりも福一に入って捜査をするべきだ。(No.3749-2)

|

« 韓国が自国のことは棚に上げ | トップページ | 身の程を事務総長が弁えぬ »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58069771

この記事へのトラックバック一覧です: 東電に丸投げしてた汚染水:

« 韓国が自国のことは棚に上げ | トップページ | 身の程を事務総長が弁えぬ »