« 本当は教えていない朝鮮史 | トップページ | 立ち話できた民主が上という »

富市に言われたくない社民党

村山元首相「社民は先がない」 解党し護憲勢力結集促す
 社民党の村山富市元首相は18日夜、野党再編について「社民党はこのままいっても先がない。党派にこだわらず、憲法を守らないといかんという者は結集すべきだ。社民党が火付け役になって新しい党を作り上げていくことも大事だ」と述べ、護憲勢力結集に向け、社民党の発展的解消も必要との認識を示した。東京都内で記者団に語った。(以上(朝日新聞2013年8月19日2時7分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0819/TKY201308180230.html

 歴史的裏切りにより総理となり社会党の凋落に大活躍した村山富市が、「社民は先がない」とほざいたそうだ。
 社民党というよりは、社会党の先をすることに貢献した村山富市に言われる筋合いのない話だ。だいたい、社民党は、福島瑞穂が党首を辞任して、未だに党首が決められない党としてのまとまりさえ欠如した凋落政党だ。瑞穂と言えば、居酒屋の店長になっている位だから、話にならない。というよりも、次の選挙で落ちた時のために、次の職を探していると考えた方が現実的かも知れない。護憲勢力結集と富市はほざいているが、総理になりたいがために憲法9条、自衛隊を認めたのも村山富市であることを忘れてはならない。ぼけたのかも知れないが、自分の悪行三昧を覚えていれば、このような発言などできないはずだ。
 社会党ではなれないはずだった総理にまでならせて貰ったのだから、村山富市も静かに余生を送っていればよいのだ。(No.3741)

|

« 本当は教えていない朝鮮史 | トップページ | 立ち話できた民主が上という »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

社会党」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58021099

この記事へのトラックバック一覧です: 富市に言われたくない社民党:

« 本当は教えていない朝鮮史 | トップページ | 立ち話できた民主が上という »