« 言うだけ番長を理解せぬコリア | トップページ | 売られた喧嘩なら買うしかあるまい »

原発で過失致死さえ問われない

菅元首相や班目元委員長ら不起訴へ…原発事故
 東京電力福島第一原発事故を巡り、検察当局は、業務上過失致死傷容疑などで告訴・告発されている当時の東電幹部や政府関係者ら約40人全員を、近く不起訴とすることを決めた。
 津波と事故の発生を事前に予測し、対策を施すのは困難だったと判断した。ただ、告訴人らは検察審査会に審査を申し立てる方針で、強制起訴すべきかどうか、市民が判断することになる。
 被災者らに告訴・告発されていたのは、勝俣恒久前会長(73)ら東電幹部、班目まだらめ春樹・元内閣府原子力安全委員長(65)、菅直人元首相(66)ら政府関係者の約40人。2011年3月に起きた原発の炉心溶融と水素爆発では、作業員ら16人が負傷したほか、住民が被曝ひばくした。また、避難を余儀なくされた入院患者が死亡するなどしている。捜査では、〈1〉約15メートルの津波を予測できたか〈2〉震災後の対応に問題はなかったか――の2点が焦点だった。(以上(2013年8月25日08時37分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130825-OYT1T00185.htm

 検察当局は、福島第一原発菅災における東電幹部と政府関係者を業務上過失致死傷罪で起訴することを諦めたそうだ。
 それならば、人が急に飛び出してひき殺した運転手ですら、業務上過失致死傷罪に問われるレベルの刑罰だ。「人が急に飛び出す」ことを事前に予測できなくても、「前方不注意」として業務上過失致死傷罪に問われるのだ。それすら問われないと言うのだから、この案件は、司法当局の常識外れの非常識よりも、検察審査会で、一般国民も入って常識ある措置に頼るしかあるまい。震災後の対応については、大本営・枝野幸男の嘘の発表により、避難が遅れたり、避難所を点々と移動する間に亡くなった入院患者についても、死に損と言うことなのだろうか?
 SPEEDIのシミュレーション結果がありながら、それを利用して避難誘導をやらなかった点についても、無罪放免なのだろうか?えん罪を作ってまで、人を罪人にしても知らぬ顔をする検察にしては、対応がおかしいのではないだろうか。(No.3747-2)

|

« 言うだけ番長を理解せぬコリア | トップページ | 売られた喧嘩なら買うしかあるまい »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

唖然としたのは多くの人の偽らざる感覚だろう。そして今あの異様な光景の汚染水タンクから漏れてるって、コップ一杯でも大問題の汚染を数億ベクレルがすでに流失してるって、恐ろしいことに危機感もない東電。そもそも津波銀座の三陸では10mの津波が常識レベルで認識されていたのにこれを握りつぶして4~5mに想定していて想定外と開き直ってる勝俣らの連中が不起訴ってなんじゃね。これほど明らかな犯罪はない。こいつ等をブタバコに叩き込んでもこの悲惨な危機的状況が変わるわけでないが、犯罪にはけじめが必要である。東電の連中、原子力ムラの連中、時の最悪屑缶、嘘つき弁護士枯れ枝、皆お縄にして市中引き回しのうえ獄門。この現況が二度も原爆をみまわれた国の対応とは情けない。この国の人はどこまでいい加減なのだろう。

投稿: なまくら | 2013年8月25日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58062027

この記事へのトラックバック一覧です: 原発で過失致死さえ問われない:

« 言うだけ番長を理解せぬコリア | トップページ | 売られた喧嘩なら買うしかあるまい »