« イエスマン以外は要らぬボクの党 | トップページ | 原発で過失致死さえ問われない »

言うだけ番長を理解せぬコリア

「日本は一貫した言動を」 韓国外相が民主・前原氏に求める
 韓国の尹炳世外相は23日、訪韓中の民主党の前原誠司元外相らとソウルの韓国外務省で会談、歴史や領土問題で「一貫した言動」を日本の政治家に求めると述べた。会談後に前原氏が記者団に明らかにした。
 安倍晋三首相が終戦記念日に靖国神社への参拝を見送る一方で、全国戦没者追悼式でアジア諸国への加害責任や反省に言及しなかったことなどを念頭に、安倍氏らの言動への不信感を示したとみられる。
 尹氏は、日本の政治家が「度重なる不用意な発言」をしていると指摘。旧日本軍の慰安婦だった女性らの高齢化が進んでおり「時機を逸すれば、ずっと残る問題になる」と述べ、女性らの存命中に日本が対応を取るべきとの考えを示したという。
 前原氏は、韓国人元徴用工の個人請求権は消滅していないとの判決が韓国の裁判所で続いていることが両国間の新たな火種になりかねないとして尹氏に対応を要請。尹氏は具体的な返答をしなかった。(共同)(以上(MSN産経ニュース2013.8.24 00:58)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130824/kor13082400590000-n1.htm

 言うだけ番長・前原誠司が、元売国外相の肩書きで、South Koreaを訪問して、勝手に現役のSouth Koreaの外相と会談したそうだ。
 South Koreaは、自分たちの言いなりになって日本の財産であった朝鮮王室儀軌まで返還し、South Koreaの言いなりになっていた民主党政権が懐かしいのであろう。South Koreaは、自分たちの言いなりになっていることが、良い外交で、自分たちの誤りを指摘するのは悪い外交なのだから、仕方あるまいが、South Koreaの願望である民主党政権など決してあり得ないのが民主主義国家のあるべき姿だ。しかし、South Koreaは、昔が忘れられないようで、今は糞にもならない言うだけ番長・前原誠司にすがっても、首脳会議は拒否するのだから、それなりの対応をしておけばよいのだ。South Koreaの経済は、財閥のサムスンが支えていると言っても過言ではない。サムスンの息の根を止めるには、日本から材料・部品の供給を止めれば簡単にできる話だ。South Koreaが、条約も国際法も無視する無法治国家である以上、日本もSouth Koreaに対しては、協定も条約も無視して、サムスンを干すことをやれば、朴槿恵の糞ババアの政権維持にも問題が噴出することだろう。
 アベノミクスがSouth Koreaに対する攻撃だの妄想の尽きないSouth Koreaには、それなりの付き合いをしていれば良いのだ。(No.3747)

|

« イエスマン以外は要らぬボクの党 | トップページ | 原発で過失致死さえ問われない »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58059890

この記事へのトラックバック一覧です: 言うだけ番長を理解せぬコリア:

« イエスマン以外は要らぬボクの党 | トップページ | 原発で過失致死さえ問われない »