« 1兆円返して欲しい民主党 | トップページ | 菅の応援で完全な負け戦 »

候補者も朝三暮四の野党たち

東京選挙区、民主公認1人に…大河原氏は無所属
 民主党は2日、鈴木寛氏と大河原雅子氏の現職2人を公認している参院東京選挙区(改選定数5)で、大河原氏の公認取り消しを決めた。
 都議選で惨敗した厳しい状況を踏まえ、このままでは共倒れの懸念があると判断した。
 海江田代表ら執行部が党本部で協議して決定した。執行部は党の情勢調査で劣勢だった大河原氏に比例選への転出を打診したが、大河原氏は拒否。大河原氏は無所属で東京選挙区から出馬する意向で、候補の一本化は失敗した。公示直前の混乱に、党内から「執行部の決断が遅すぎた」とあきれる声が出ている。
 海江田氏は2日夜、党本部で記者団に「苦渋の選択をした。厳しい情勢なので鈴木氏に全力を傾ける」と述べた。ただ、海江田氏は1日に開かれた大河原氏の決起集会に出席したばかり。集会では「戦いの中心にあるのは大河原さんだ」などと激励していた。(以上(2013年7月3日07時17分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news1/20130703-OYT1T00019.htm

 民主党が、参院東京選挙区で、現職2人を公認していながら、負けそうだというので1人引っ込めることを決めたそうだ。
 民主党に限らず、ほとんどの政党がギリギリになって、候補者を入れ替えたり、引っ込めたりしているのが現状だ。それでは、地元の理解も得られる訳がなく、有権者を軽く見ていると思われても仕方がない。選挙に対しては、公示直前に候補者を決めるのではなく、少なくとも半年前には決めて、候補者がその選挙区になじむと言うことも必要だと思う。
 民主党が、劣勢なのは今に限ったことではない。衆院選の惨敗で分かっていたはずだが、それでも、今になって候補をいじると言うことは、如何に民主党に先を見る目がないかを示しているだけだ。(No.3694)

|

« 1兆円返して欲しい民主党 | トップページ | 菅の応援で完全な負け戦 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57714861

この記事へのトラックバック一覧です: 候補者も朝三暮四の野党たち:

« 1兆円返して欲しい民主党 | トップページ | 菅の応援で完全な負け戦 »