« 辞任より何とかしろよ菅直人 | トップページ | 手放しで改憲認めてない民意 »

橋下は次の逃げ手を考える

橋下氏、口は悪いが腹はいい男…維新・松井氏
 日本維新の会の松井幹事長は20日、堺市で橋下共同代表らとともに街頭演説に臨み、「我々は今、アゲンスト(逆風)。厳しい戦いだ。(橋下共同)代表の口が悪い」と党の苦境を率直に認めた。
 維新の会は、参院選で躍進を狙っていたが、橋下氏のいわゆる従軍慰安婦問題を巡る発言を機に支持が低迷し、党内のギクシャクぶりも表面化した。それでも松井氏は、「でも、腹はいい男なんです」と続け、党の看板である橋下氏をアピールした。(以上(2013年7月20日20時53分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news2/20130720-OYT1T00740.htm

 日本維新の会の提灯持ち・松井一郎が、参院選の負けを見越して、橋下徹を「口は悪いが腹はいい男」と予防線を張ったそうだ。
 橋下徹は、この選挙で「慰安婦」問題を問うとほざいていたが、少なくとも私の見た橋下のツイッターに添付された橋下の街頭演説では一言も「慰安婦」について触れなかった。また、日本維新の会の候補者にも「慰安婦」問題について、自分の意見を出せとメールを送ったが誰も相手にしなかった。当然、この選挙で負けたら橋下徹は日本維新の会の共同代表を辞任するのが筋だが、やれ、野党の合流だのほざいている所を見ると、次の逃げ手を考えているとしか思えない。私から見れば「口も悪いが腹黒い」と言うのがぴったしだと思うし、それが、飛田新地の顧問弁護士をやっていたことからも明確だ。
 日本国を独裁しようと考えている橋下徹などに任せることは、日本沈没と同じだ。そもそも、この選挙戦で、ほとんど橋下徹は大阪市役所に出ていないが、これで市長が務まっていると大阪市民は考えているのだろうか?(No.3712-3)

|

« 辞任より何とかしろよ菅直人 | トップページ | 手放しで改憲認めてない民意 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57836717

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下は次の逃げ手を考える:

« 辞任より何とかしろよ菅直人 | トップページ | 手放しで改憲認めてない民意 »