« 決められぬ政治を守る副議長 | トップページ | 責任を取らぬ姿勢は社民党 »

橋下の君子毎日豹変し

維・み・民の看板なくせ…橋下氏、新党結成訴え
 参院選で与党圧勝を許した余波で、民主党と、第3極の日本維新の会、みんなの党が揺れている。
 執行部らの責任を問う中で党内対立が収まらず、自民党に対抗しようとの野党再編を巡っても思惑の違いが表面化してきた。当面、本格的な国政選挙はないとの見通しの中、各党の混迷は続きそうだ。
          ◇
 維新の会の橋下共同代表は「維新の会とか、みんなの党とか民主党という看板はなくさないと駄目だ」と、新党結成の必要性を繰り返し唱えている。
 ただ、党内には橋下氏らの責任を問う声がくすぶる。
 民主党内でも「護憲派の議員を切り、憲法改正に前向きな維新の会、みんなの党と合流すべきだ」(中堅)との声が出始めた。(以上(2013年7月26日09時15分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/news/20130726-OYT1T00254.htm

 24日には、「野党再編は国会議員でやればいい」とほざいた橋下徹だが、やはりお山の大将で居たいらしく、新党結成などともほざいている。
 どちらにしろ、橋下徹を含む新党は「慰安婦」問題をいつまでも引きずり続けることが必須だ。橋下としては、「慰安婦」問題を参院選でも争点とした挙げて惨敗した以上、責任を取るのが、普通の感覚ならあり得るが、責任については、民主党感覚らしい。如何に、目先の興味を他の方面に向けさせるかに腐心しているようだ。
 国会議員でもない、たかが大阪市長に過ぎない橋下徹に、過大な期待をすることこそ日本を貶めるだけのことだ。(No.3717-2)

|

« 決められぬ政治を守る副議長 | トップページ | 責任を取らぬ姿勢は社民党 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57867470

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下の君子毎日豹変し:

« 決められぬ政治を守る副議長 | トップページ | 責任を取らぬ姿勢は社民党 »