« ツイッター外野もほざくネット選 | トップページ | 勝ちすぎは望んでないという世論 »

不都合は無視してほざくツイッター

ネット選挙とツイッター活用
   選挙期間に入り、ツイッターを使った新しい型の選挙運動を試みている。
  テーマは「原発政策」。原発事故や再生可能エネルギーに関して、質問を受け、できるだけ丁寧に私自身が答えている。
  当初、ツイッターでは匿名であるため「罵詈雑言」的な批判ツイートが多かったが、質問に答えるうちにそうしたツイートは減ってきた。そして質問と答えを何回か繰り返す双方向の討論が可能となってきた。またその議論を見ていた人の参加も次第に増え、複数の人が参加した議論の場が自然に生まれてきた。
  選挙期間中だけでなく続けてくれという意見も頂いている。相当の時間を要するが、私のように元総理という比較的自由な立場なら時間のやりくりも可能だ。これからも政策テーマを少しずつ広げて、試みを続けていきたい。(以上(菅直人OFFICIALBLOG2013-07-14)より引用)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/

 歩く国賊・菅直人の人間性の欠如したというか、精神鑑定すれば何か病名が付くのではないかとさえ思える放言だ。
 ツイッターでほざいているが、批判ツイートは完全無視して、自分のほざき放題やっているに過ぎない。単に、批判ツイートを書くだけ無駄だと質問者が諦めているだけだ。中には、まだ、歩く国賊・菅直人に洗脳されて、菅直人の先鞭を宣う輩もいるが、ほとんどが、歩く国賊・菅直人を批判する内容だ。ここまで、世論を無視しても何とも思わない性格が、菅内閣を3か月も延命させたのだろう。とても、普通の神経でできるような話ではない。そして、自己満足に浸っていると言うのだから、さもしい頭の中は自己満足で満たされているのだろう。このような、歩く国賊・菅直人が妄想を抱くのも、東京18区の有権者が、衆院選で菅直人に復活当選させたことによるものだ。
 国民の生の声を「罵詈雑言」としか受け取る能力のない歩く国賊・菅直人こそ、総理時代の悪行三昧を問うて刑務所にぶち込むべきだろう。(No.3705-2)

|

« ツイッター外野もほざくネット選 | トップページ | 勝ちすぎは望んでないという世論 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57789476

この記事へのトラックバック一覧です: 不都合は無視してほざくツイッター:

« ツイッター外野もほざくネット選 | トップページ | 勝ちすぎは望んでないという世論 »