« 年金機構マイナンバーでもう不要 | トップページ | 元寇の謝罪をまずはして欲しい »

維新の会議員にすればこんなもの

政調費から駐車場代 維新の大阪市議3人、街頭演説時
 大阪維新の会の複数の大阪市議が、昨年の衆院選の街頭演説に参加した際、車の駐車場代を公費の政務調査費で払っていたことが朝日新聞の調べでわかった。支出理由には「市民からの陳情対応のため」などと記しており、いずれも「確認して訂正する」と述べた。
 議員の調査研究のための政務調査費は市の公費から支出される。12年度は大阪府が議員1人あたり計708万円、大阪市は計615万6千円を上限に支給された。ただ、選挙活動や政党活動への支出は認められていない。市が1日付で公開した2012年度分の全議員の収支報告書を調べたところ、3人の維新市議が支出理由と異なる目的で駐車場代を支出していた。(以上(朝日新聞2013年7月1日18時3分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0701/OSK201307010020.html

 大阪維新の会の大阪市議が、衆院選の街頭演説で駐車した駐車代を政務調査費から支払っていたことが明らかになった。
 市民生活を犠牲にしてまで、自己満足のために市民の血税の無駄を省いている格好をしている橋下大阪市長だが、その足元を見れば、市民の血税を好き勝手に弄んでいる姿が見え見えだ。この記事の有料部分には、大阪府議会の浅田均議長が、「図解大阪維新」を250冊購入して、購入費の半額を政調費で払ったとも書いてある。要するに、維新の会とは、維新の会所属の政治屋のための政党だということなのだろう。自分たちは別格という発想は、代表の橋下徹のミニチュア版と言っても過言ではあるまい。
 参院選も大阪で日本維新の会が惨敗すれば、橋下徹も懲りることだろう。早く懲らしめないと日本は大変な独裁国家になるかもしれない。(No.3693)

|

« 年金機構マイナンバーでもう不要 | トップページ | 元寇の謝罪をまずはして欲しい »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

維新は、都議選で34人中たったの2人しか当選していない。

参議院選挙は、維新は東京は当選しないかもね。

参議院選挙、維新の当選は、
4人区に増えた地元の大阪と、
尼崎市議選で、5人中4人も当選した兵庫位かもね。

参議院選挙、維新の会と共産党には投票しない。

投稿: 日本共産党めっちゃ大嫌い男 | 2013年7月 2日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57704935

この記事へのトラックバック一覧です: 維新の会議員にすればこんなもの:

« 年金機構マイナンバーでもう不要 | トップページ | 元寇の謝罪をまずはして欲しい »