« 責任を取らぬ姿勢は社民党 | トップページ | 諸悪の根源はどこでも嫌われる »

辞任して慰留をされて茶番劇

橋下・松井両氏、辞任申し出も幹部慰留で続投
 日本維新の会は27日、東京都内で執行役員会を開き、参院選後の党運営について協議した。
 橋下共同代表(大阪市長)と松井幹事長(大阪府知事)は、「大阪都構想」などの改革に専念したいと述べて辞任を申し出たが、石原共同代表らほかの党幹部に慰留され、続投を受け入れた。
 執行役員会は、平沼赳夫代表代行ら国会議員団幹部も出席し、非公開で行われた。石原氏らは「大阪の課題に専念できるように、みんな手伝う。このまま汗をかいてほしい」などと橋下、松井両氏を慰留した。
 両氏は重ねて辞意を表明したが、国会議員らの提案で多数決が行われ、現執行部体制の維持が決まった。
 維新の会は今月21日投開票の参院選で、「10議席以上」としていた獲得目標に届かず、8議席に終わった。(以上(2013年7月27日19時13分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130727-OYT1T00738.htm

 日本維新の会の執行役員会で、橋下徹共同代表と松井一郎幹事長が辞任を申し出たが、却下されたそうだ。
 まあ、日本維新の会はもうすぐくたばりそうな石原慎太郎と橋下徹の名前で持っているような物だから、維新の会所属の国会議員が姑息なことを画策しても、最後は、二人のネームバリューだけの党なのでどうすることもできないのだろう。幹事長代行の銅バッジの松野頼久にしても、松野頼三の息子でも選挙区では落選しているのだから、大きな顔などできるはずもない。仕組まれた茶番劇に過ぎないのだ。
 これで、橋下徹はこれからも好き勝手ほざき続けることだろう。(No.3719)

|

« 責任を取らぬ姿勢は社民党 | トップページ | 諸悪の根源はどこでも嫌われる »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57878893

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任して慰留をされて茶番劇:

» 【政治】維新・橋下共同代表は続投=平沼氏明かす [【2chまとめ】ニュース速報+]
日本維新の会の平沼赳夫代表代行は27日午後、橋下徹大阪市長の共同代表続投が決まったと述べた。維新の執行役員会終了後、記者団に明らかにした。時事通信 7月27日(土)15時2分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130727-00000066-jij-pol... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 10時01分

« 責任を取らぬ姿勢は社民党 | トップページ | 諸悪の根源はどこでも嫌われる »