« イオン票集めて負けて懲りてない | トップページ | 不都合を隠す社風は変わりなし »

菅の処分やる気問われる民主党

菅・元首相の処分要請…公認取り消し候補支援で
 民主党東京都連の中山義活会長は22日、党本部で細野幹事長と会談し、参院東京選挙区(改選定数5)で党公認を取り消された無所属候補を支援したとして、菅元首相の処分を要請した。
 中山氏は記者団に「党のガバナンス(統治)に反する」と語った。同党は23日の党役員会などで対応を協議する。同党は、東京選挙区で現職の鈴木寛、大河原雅子両氏を公認していたが、東京都議選の惨敗を受け、公示直前に大河原氏の公認を取り消した。しかし、大河原氏は無所属で立候補し、結局鈴木、大河原両氏ともに落選した。(以上(2013年7月22日21時17分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130722-OYT1T01555.htm

 民主党東京都連の中山義活が、辞任を表明した細野豪志と会談して、歩く国賊・菅直人の処分を要請したそうだ。
 何もかも、なあなあで済ませてきた民主党にけじめが付けられるかどうかという問題だろう。単に、歩く国賊・菅直人が大河原雅子を支援したと言うだけではあるまい。民主党の凋落の止めは、歩く国賊・菅直人の「落選運動」と言っても過言ではあるまい。最後まで議席を競り合った選挙区で負けたのは、歩く国賊・菅直人の「落選運動」の賜物と言っても良かろう。この歩く国賊・菅直人をどう処分するかで、今後の民主党のやる気が問われるとも言えるだろう。
 少なくとも、除名処分を行った上で、次期臨時国会に「鳩山由紀夫、菅直人の叙勲禁止法案」を提出して、総理経験者でも、悪行を働けば一切の叙勲もされないことを民主党自ら示すべきだ。(No.3714)

|

« イオン票集めて負けて懲りてない | トップページ | 不都合を隠す社風は変わりなし »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57847774

この記事へのトラックバック一覧です: 菅の処分やる気問われる民主党:

« イオン票集めて負けて懲りてない | トップページ | 不都合を隠す社風は変わりなし »