« 問責で花道飾る輿石氏 | トップページ | 府知事までとち狂ってるのは維新 »

申し訳ないで六十九万円

橋下氏「申し訳ない」訪米キャンセル料69万円
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が一連の発言への批判を理由に断念した米国視察の渡航キャンセル料が69万3740円となることが、26日の市議会都市経済委員会で明らかになった。
 市は公費から費用を支出する方針。
 内訳は、橋下市長と随行職員計8人の航空運賃計43万6900円とホテル代計25万6840円。当初最大180万円と試算したが、キャンセル料を値引きしてもらったという。橋下市長は同委員会で「行政目的が何も達成できていない中で公費支出することは申し訳ない」と陳謝した。
 橋下市長は今月中旬にサンフランシスコ、ニューヨーク両市を訪問予定だったが、いわゆる従軍慰安婦を巡る発言の影響で視察先企業などとの日程調整が困難になり、5月末に計画を中止した。(以上(2013年6月26日20時35分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130626-OYT1T01246.htm

 大阪市長の橋下徹が、日本維新の会としての「慰安婦」発言によって、アメリカ視察がキャンセルになり、そのキャンセル料が大阪の公金から69万円余り支払われることになったそうだ。
 しかし、このキャンセルは、大阪市長としてではなく、日本維新の会の共同代表としての発言が問題になったのであるから、大阪の公金ではなく、橋下個人または日本維新の会がキャンセル料を支払うのが筋ではないだろうか?そもそも、橋下徹は、記者会見をしてもどの肩書きで話をしているか、分別が欠如しているのだ。橋下徹は、公務員給与などの無駄を指摘しているが、自分がやった無駄に対しては非常に寛大だ。それを単なる陳謝だけで大阪市民は許せるのだろうか?まあ、市民オンブズマン等が、訴訟を考えているようなので、その動向を注視したいと思うが、余りにもわがままの度が過ぎると私は思う。また、選挙戦では大阪市政を放り出して、選挙活動に現を抜かしているが、それで大阪市民は満足なのだろうか?橋下徹が大阪市役所に居ない時に、南海地震でも発生したら、どうするのだろうか?橋下徹は、メールで云々ほざいているが、そのような緊急事態になれば、携帯もメールも使えないというのが、現代の常識ではないだろうか!それで、どうやって陣頭指揮するつもりなのだろうか?市長職は、特別職だから勤務時間の制限もないが、市長が市役所にいることも公務の内ではないだろうか?
 人には厳しく、自分には優しい橋下徹に言う通りにしていて、本当に大阪は、日本は、良くなるのだろうか?私はそうとは思わない。(No.3688-3)

|

« 問責で花道飾る輿石氏 | トップページ | 府知事までとち狂ってるのは維新 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57673956

この記事へのトラックバック一覧です: 申し訳ないで六十九万円:

« 問責で花道飾る輿石氏 | トップページ | 府知事までとち狂ってるのは維新 »