« 自己責任とワクチンの副作用 | トップページ | 基準値が民主遺産という除染 »

東電がまだ懲りてない秘密主義

東電、賠償請求の個人情報紛失60件…公表せず
 東京電力は14日、福島第一原発事故で同社に損害賠償を求めている人の個人情報を紛失したケースが2011年4月~今年5月に60件あり、公表していなかったことを明らかにした。
 東電は「経済産業省の個人情報保護に関する指針などを基に、公表の必要はないと判断した」と弁明している。
 一方、福島県双葉町の町民ら22人の個人情報が記載された書類を、東電埼玉補償相談センター(さいたま市)の40歳代の男性社員が11日に紛失したと発表。賠償請求に関するメモなど約700枚で、氏名や住所、請求内容などが記載されていた。東電は「連絡が付かない人もいたため、今回は公表した」と説明した。
 社員は双葉町の役場機能移転に伴う事務引き継ぎのため、上司の許可を得て書類を持ち出したが、同日午後6時頃に大宮駅からJR高崎線で帰宅した際、手提げ袋ごと網棚に置き忘れたという。埼玉県警に紛失届を提出したが、見つかっていない。東電は「またもや多大なご心配とご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げます」と陳謝した。(以上(2013年6月14日23時48分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130614-OYT1T01144.htm

 東京電力が、福島第一原発菅災で受けた損害賠償を求めている個人情報を60件も紛失したことを今頃になって公開した。
 そもそも、損害賠償を請求される側が損害賠償の内容を査定すること自体、おかしな話であり、それらの個人情報を紛失したばかりではなく、隠していたことも、原発菅災時の隠蔽体質をそのまま引き継いでいるとしか考えられない。それはなぜかと考えれば、あれだけの大きな人災を起こしていながら、誰一人としてその責任を問われたことが無いということが大きいと思う。東京電力幹部の刑事告訴についても、検察は、当時の原発と東電本社で行われたやりとりを録画したビデオすらも、押収していないのだ。これは、官業癒着に司法がプラスされたと考えても良いだろう。それに、中部電力では夏のボーナス全額カットをやっているのに、東電では、いくら払っても利用者と国が何とかしてくれる位の感覚と有能な人材が居なくなるなどという屁理屈とでボーナス支給をやっているのだから、菅災前後で、職員の意識も変わる訳がない。
 今回の紛失事件でも、東電は深くお詫び申し上げますで済まそうとしているが、お詫びは刑事責任を以て償うべきだ。(No.3675-2)

|

« 自己責任とワクチンの副作用 | トップページ | 基準値が民主遺産という除染 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57596927

この記事へのトラックバック一覧です: 東電がまだ懲りてない秘密主義:

« 自己責任とワクチンの副作用 | トップページ | 基準値が民主遺産という除染 »