« 南極も民主政治で遠くなる | トップページ | 農協は良いけど維新には入れぬ »

国民に謝罪もしない菅直人

安倍総理への訂正と謝罪の要求
安倍総理と細野民主党幹事長の間でフェースブックでの応酬が注目されている。
 安倍氏は、今回は反論だが、これまで一方的に批判する時にネットを使ってきた。その典型が福島原発事故から70日後の2011年5月20日の安倍氏のブログだ。安倍氏は、1号機に対する海水注入について次のように自らのブログで発信。「やっと始まった海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だったのです。菅総理は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです。」そしてこのことが6月2日の内閣不信任の理由にもされた。
 しかし私は海水注水注入を止めたことはないし、実際止まってはいなかったことが判明。つまり、注水を停止させようとしたのは東電の武黒フェローで、吉田所長は海水注水は必要と武黒氏の指示を無視して注水を続けていたことが東電自身の調査や各種調査報告によって明らかになっている。
 当時総理経験者の安倍氏が「嘘」の情報で総理の辞任まで求めたこのブログに対して、私は私自身のブログで何度か安倍氏に訂正と謝罪を求めたが今日まで何の反応もない。この私のブログに対して反論があるならばぜひ聞きたい。間違っていたと認めるのなら潔く訂正し、私に謝罪すべきだ。
 安倍氏は自分に都合の悪いことは無視し、自分の言いたいことだけネット上で反論するというのでは政治家として失格だ。(以上(菅直人OFFICIAL BLOG2013-06-18)より引用)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/theme-10050403113.html

 歩く国賊・菅直人が、ブログ上で事実誤認をしているにもかかわらず、安倍総理に謝罪要求をした。
 まるで、South Koreaのような輩だ。福島第一原発菅災時に、海水注入を止めるようにほざいた(指示したという意味ではない)のは、歩く国賊・菅直人だ。それを東電本社が福島第一原発に伝えたが、吉田前所長が本社の指示=菅直人の指示を無視して海水注入を止めなかったというのが、一般的な海水注入における菅直人の犯罪を止めたと言う事実だ。しかし、歩く国賊・菅直人は、実際止まっていなかったから自分には問題が無いとほざいているのだ。このようなことが、法治国家で許されることだろうか。東京地検特捜部は、面倒くさい案件をうやむやにして、歩く国賊・菅直人を無罪放免にしようと、未だに事情聴取さえも行わずに、法的な処置を終わらせようとしている。しかし、ここまで、歩く国賊・菅直人が言う以上は、海水注入を歩く国賊・菅直人が止める指示を東電にしたか否かという根本問題をはっきりさせて、歩く国賊・菅直人の刑事責任を問うべきだ。
 歩く国賊・菅直人は、安倍総理に対して自分の言いたいことだけネット上で反論とほざいているが、ブログ上で好き勝手ほざき放題なのは、歩く国賊・菅直人であり、ブログで好き勝手ほざかさないためにも、東京地検特捜部は、国会会期中に衆議院に対して、歩く国賊・菅直人の収監手続きを取るべきだ。そして、衆議院での決議で反対する者は、全て国賊だと有権者は考えればよいだろう。
 歩く国賊・菅直人にだけは言われたくないと考える日本国民の良識者が過半数以上だろう。(No.3678-3)

|

« 南極も民主政治で遠くなる | トップページ | 農協は良いけど維新には入れぬ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57618560

この記事へのトラックバック一覧です: 国民に謝罪もしない菅直人:

« 南極も民主政治で遠くなる | トップページ | 農協は良いけど維新には入れぬ »