« 手順書に文殊の知恵が漏れている | トップページ | 投資減税一年遅い安倍総理 »

辻褄を合わす捜査が恐ろしい

警察、巣くう隠蔽 虚偽調書への疑問にも「ええんや」
 警察改革が進められるなか、新たな不祥事が明らかになった。大阪府警で起きた虚偽調書の作成問題。関与したとされる複数の警察官は体裁を取り繕うために「うその上塗り」を重ね、裁判での偽証という深刻な事態を招いていた。警察組織の根深い隠蔽(いんぺい)体質が改めて問われている。
 昨年12月2日夜。府警堺署の留置場で、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕・勾留中の男性(40)が騒ぎ出した。「ほかの留置者と別々にする必要がある」。当直勤務中の巡査長(33)はこう判断し、男性を留置保護室に入れようとした。
 男性が騒ぎ続けたため、同僚の巡査(25)と上司の警部補が駆けつけ、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕。別の当直署員が逮捕までの経緯をまとめた調書を作ることになり、巡査長と巡査が「巡査長の独断で男性を保護室に入れた」と説明。それが調書に記された。
 「こんなんじゃ、あかんぞ。全員が処分されるぞ」。関係者によると、巡査長の独断で男性を保護室に入れたとする調書ができたと知った警部補はこう言い、現場にいなかった巡査部長が指揮したことにするよう提案。いったん調書を作った署員は疑問を投げかけたが、警部補が「ええんや」と押し切った。
   ■ □ ■
 事件処理は刑事課に引き継がれ、4日後の12月6日以降、騒ぎを再現する実況見分が実施された。現場にいなかった巡査部長がいたことになっている――。調書が虚偽だと気づいた刑事課員が巡査長と巡査から事情を聴くと、調書の作りかえが警部補の指示だったことを認めたという。
 この時点で正しい調書に戻されていれば、問題はそれほど深刻にならなかったとみられる。ところが、そうはならなかった。
 「お前らがすり合わせたことにする」。同月15日、刑事課員は(1)独断で男性を保護室に入れたことを勝手な行動と注意されることを巡査長が恐れた(2)巡査長と巡査が口裏を合わせ、巡査部長の指揮を受けて男性を収容したことにした――とする虚偽の調書を新たに作り、巡査長らに署名を求めた。「公判になったら偽証するしかない」。巡査長らは署名した。(以上(朝日新聞2013年6月9日7時49分)より引用)
http://www.asahi.com./national/update/0609/OSK201306080167.html

 大阪府警で、大阪ならではの「ええじゃん」で嘘の上塗りをして、裁判での偽証という深刻な事態を招いていた。
 何度も、おかしいとの認識がありながら、えん罪を生んだ大阪府警の隠蔽体質は許されるものではない。しかし、密室で行われる取り調べは、取り調べ全体の録画による可視化しか、被疑者の権利を守るすべはない。当然のことだが、虚偽の調書作成に関与した全警察官には、辞めて貰うしかあるまい。日本の司法では、被疑者の権利よりも、組織ぐるみででっち上げた警察を庇う傾向がある。それとも、この程度のことならば、懲戒免職にも値しないというのが公務員だろうか?(No.3668-2)

|

« 手順書に文殊の知恵が漏れている | トップページ | 投資減税一年遅い安倍総理 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57555605

この記事へのトラックバック一覧です: 辻褄を合わす捜査が恐ろしい:

« 手順書に文殊の知恵が漏れている | トップページ | 投資減税一年遅い安倍総理 »