« 独法と別の独法作る国 | トップページ | 詐欺の片棒を担いだ過去を暴かれる »

二つの頭が党内でいがみ合う

石原氏、橋下氏に「謝れ」 慰安婦発言めぐり釈明要求
 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は18日の党国会議員団の役員会で、従軍慰安婦をめぐる発言で党への逆風を招いた橋下徹共同代表に対し、「責任者が招いた事態だから仲間に謝るべきだ」と謝罪を要求した。
 役員会では橋下氏が「釈明の場」を設けるよう調整することで一致。石原氏が役員会後に橋下氏に電話し、テレビカメラの前で釈明することを求めたが、橋下氏は「では、代表を辞めれば良いんですか」と反発。「(6月末の)執行役員会やツイッターで説明する」と拒否したという。
 石原氏は最近、橋下氏の発言を「橋下問題」として公然と批判。橋下氏が米軍輸送機オスプレイの飛行訓練の一部を八尾空港(大阪府八尾市)で引き受ける考えを示したことにも「地元の市長が聞いていないようなことは言わない方がいい」と不満を漏らしていた。橋下氏が謝罪に応じなければ、両共同代表の亀裂は深まる可能性がある。(以上(朝日新聞2013年6月19日6時42分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0618/TKY201306180453.html

橋下氏「いま選挙中で敵は外」 石原氏の謝罪要求めぐり
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は19日、旧日本軍の慰安婦をめぐる発言などで維新への批判が強いことに石原慎太郎共同代表が「仲間に謝るべきだ」と求めたことに対し、「いま選挙中で敵は外。内部でエネルギーを割く場合ではない。慰安婦問題について間違っているとは思っていない」と述べた。市役所で記者団に語った。
 橋下氏は党内への謝罪について「(石原氏に)そこまでは言われていない」とする一方、「僕の発言で逆風になっているのは間違いない。頑張りましょうというメッセージを出す必要があるなら出す」と述べた。(以上(朝日新聞2013年6月19日15時58分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0619/OSK201306190009.html

 主義主張も違う立ち上がれ日本を併合した日本維新の会だが、石原慎太郎と橋下徹の二枚看板がいがみ合っているようだ。
 そもそもの主義主張が油と水程も違っていた両者が、手を結んだのだからどこかで歪みが出るのも理に適っている。元々、一緒になるべきではない両者が選挙という利権のために手を結んだのだから、仕方のないことだろう。石原慎太郎にすれば、孫のような橋下徹が言うことを聞かないのだから、面白くないだろう。橋下徹の「いま選挙中で敵は外。内部でエネルギーを割く場合ではない」との発言ももっとものようにも聞こえるが、党内をまとめることは、選挙前にやっておくことではないだろうか?
 性格のよく似た二人は、相手が自分と同じように見えるので決して仲良くすることが続かないというが、日本維新の会もその通りだろう。(No.3680)

|

« 独法と別の独法作る国 | トップページ | 詐欺の片棒を担いだ過去を暴かれる »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57624775

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの頭が党内でいがみ合う:

« 独法と別の独法作る国 | トップページ | 詐欺の片棒を担いだ過去を暴かれる »