« 毒矢なら民主政治は毒ガスぞ | トップページ | 今のとこアベノミクスに敵はなし »

何を言っても日本語の曖昧さ

民主・原口議員、地元紙に「コワモテ」抗議 「法的措置」ちらつかせるが、一蹴される
   ソーシャルメディアを積極的に活用していることでも知られる民主党の原口一博衆院議員(比例九州)が、地元メディアに怒っている。参院選の立候補予定者の事務所開きで行ったスピーチを報じた記事について「不正確」と非難。抗議と訂正を申し入れたという。
   ただ、原口氏が怒る原因になったネット上の見出しは佐賀新聞が付けた見出しではない上、報じられた発言の内容については反論していない。新聞社側も訂正には応じない考えだ。
「原口一博 『円安・株高を止めれるのは民主党しかいない』」が拡散
   問題とされたのは、佐賀新聞のウェブサイトに5月26日に掲載された記事。13年夏の参院選に民主党公認で佐賀選挙区から出馬予定の青木一功氏の事務所開きの様子を報じている。原口氏は民主党の佐賀県連代表で、青木氏の選対本部長を務めている。
   記事では、原口氏の動きについて
「『円安、株高というが得をしているのは一部の人間だけ。大多数の人は置き去りにされている』と、安倍政権の経済政策を批判。『この流れを止められるのは私たちしかいない』と支援を訴え、連合佐賀の武重信一郎会長も激励した」
と報じながら、青木氏の決意表明についても、
「厳しい戦いになるが、地域の声を大事に、働く人の一人ひとりが主役の社会を実現したい」
と伝えている。この記事の見出しは「民主・青木氏が事務所開きで決意表明 」というものだった。
   ところが、どういう訳かこの記事が3日後の5月29日深夜から30日未明にかけて、ネット上で、
「原口一博 『円安・株高を止めれるのは民主党しかいない』」
という見出しに化けて拡散。この見出しだけを見たと思われるネット利用者から、
「じゃあ駄目じゃんw」
「止めなくて良いだろwwww」
「すげえ 自国の株価落とすと宣言しちゃったよ 国家反逆児だわ」
といった原口氏を非難する声が続出した。
佐賀新聞への批判はトーンダウン
   この批判に原口氏が反応した。5月30日の16時30分頃、フェイスブックから佐賀新聞の記事にリンクを張った上で、
「不正確な記事について新聞社に抗議。その不正確な記事を元にまたもやスピンコントロール。そして拡散。悪質すぎるので法的措置を検討中」
と書き込んだ。その3時間後には、
「佐賀新聞の当該記事は、正確さを欠いており、同新聞社編集部に対して抗議と訂正を申し入れているものです。私が事務所開きで申し上げたのは、いわゆる『置き去りにされた年金』問題でした」
「またこの事務所開きで私が強調したのは、アベノミクスの危惧ではありません。寧ろ強調したのは、憲法問題と申しますか立憲主義の危機についてでした」
と、記事で取り上げられたアベノミクスの話は傍論に過ぎなかったと主張。ただし、記事で報じられていた自身の発言の内容については否定しなかった。
  それからもう少し経過した5月31日未明には、さらにトーンダウンした。読者からのコメントに対して、原口氏は
「佐賀新聞のこれを書いた記者から電話がかかってきました。編集長が釈明するようにと言われたようです。記事の最初の原稿は、話をしてみると、正確だったようです。それが字数制限などの関係で縮められて全く違う記事に。その後は、それを元に悪意をもって拡散した者がいるというのが実情のようです」
と返信し、佐賀新聞への批判は非常に弱くなっている。
佐賀新聞社「誤報とは考えておらず、訂正記事を出す予定はありません」
   ネット上に原口氏への批判が書き込まれた原因は、佐賀新聞の記事そのものではなく、ネット上で拡散した誤った見出しが原因だということを原口氏が認識したためだとみられる。
   佐賀新聞社報道部によると、5月30日に原口氏本人から指摘の電話があったというが、
「弊社としては誤報とは考えておらず、訂正記事を出す予定はありません」
と話している。
   なお、原口氏のフェイスブックのコメント欄には、
「常識で考えれば『グーグルアースで中国艦船がリアルタイムで監視できる』なんて言う筈もないですし」
という批判を寄せる利用者もおり、原口氏は、
「また捏造ですか。国会議事録を見てください」
と反論。小競り合いの様相を呈している。(以上(J-CASTニュース2013/5/31 18:52)より引用)
http://www.j-cast.com/2013/05/31176354.html

 政治屋の皆さんの中には、自分で発言をしておきながら、報道機関が誤報したとお騒ぎになる方が、後を絶ちません。民主党の原口一博も同じようなものです。
 佐賀新聞の見出しに、「原口一博 『円安・株高を止めれるのは民主党しかいない』」と書かれたことで、見出しが一人歩きしたとのことだが、政治家たるもの、自分の発言がどう国民に受け取られるかまで考えて発言しない限り、自己満足な自分の発言をどう解釈されようとも仕方のないことだ。余りにも低レベルな自分を擁護するために、また、発言をして、それを取り上げられる。まあ、マスコミに取り上げられている内が花というのもあるだろうが、もっと、発言に対して責任を持つべきだと思う。
 国会議員は、国会内でのどのような発言も罪に問われることは無いが、国会議事堂外でも同じ感覚でいるのではないだろうか?(No.3661-2)

|

« 毒矢なら民主政治は毒ガスぞ | トップページ | 今のとこアベノミクスに敵はなし »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57507787

この記事へのトラックバック一覧です: 何を言っても日本語の曖昧さ:

» 【民主党】 原口議員、地元紙に「コワモテ」抗議 「法的措置」ちらつかせるが、一蹴される [【2chまとめ】ニュース速報+]
1 :わいせつ部隊所属φ ★:2013/06/02(日) 15:31:44.16 ID:???0 民主・原口議員、地元紙に「コワモテ」抗議 「法的措置」ちらつかせるが、一蹴される2013/5/31 18:52 ソーシャルメディアを積極的に活用して...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 18時11分

« 毒矢なら民主政治は毒ガスぞ | トップページ | 今のとこアベノミクスに敵はなし »