« 反省をしても消えないツイッター | トップページ | 維新同士で市議会の茶番劇 »

常識があれば生きてはおれぬはず

菅元首相には発言させるな
 悪いことは言わない。民主党はもう、菅直人元首相に発言の場を与えない方がいい。この人が何か口にすればするだけ、「お前が言うな」と反発を買い、民心はさらに離れていく。
 民主党が11日に開催した「公開大反省会」で、菅氏は無反省にも、いけしゃあしゃあと、こう語った。
 「私は自分のことを割と常識人だと思っている」
 鏡に映る自身の姿を見たことはないらしい。これを聞いて連想したのが昨年5月、国会の東電福島原発事故調査委員会の参考人聴取で、菅氏が述べた言葉だ。
 事故発生後に東電本店に乗り込み、「逃げてみたって逃げきれないぞ」などと怒鳴り散らしたことを指摘された管氏は、不謹慎にもこんな言い訳をした。
 「私の夫婦げんかよりは小さな声でしゃべったつもりだ」
 原発事故原因と政府対応を検証する場面で、平気でおちゃらけてごまかそうとする。国民も国会もばかにしているとしか思えない。
 その菅氏は最近、自身のブログで、トルコを訪問して原発建設の政府間合意に署名した安倍晋三首相を盛んに批判している。
 「火力や自然エネルギーによる発電を勧めるのが福島原発事故を経験した我(わ)が国首相の取るべき立場」(5月5日付)
 「儲(もう)かれば安全性など後回しでいいと考えているとしたらまさに『富国無徳』の総理だ」(5月6日付)
 「日本自身が安全といいきれない原発を輸出するのは倫理的に許されない」(5月8日付)
 そういう考え方もあろうかとは思う。ただし、菅氏が言うのでなければだ。
 菅内閣は平成22年6月に閣議決定した「エネルギー基本計画」で、42年までに原発14基以上を新増設し、発電量の50%を原発で賄うという方針を打ち出した。
 23年1月の施政方針演説には、わざわざ「私自らベトナムの首相に働きかけた結果、原発施設の海外進出が初めて実現します」との文言を盛り込んだ。原発ビジネス推進の旗手だとアピールしていたのである。
 「私は3・11原発事故に直面して原発に対する考え方を根本的に変えた」
 菅氏は6日付ブログではこう釈明している。だが、菅氏自身が事故後の23年7月にトルコのエルドアン首相に送った祝電でも、原発の受注交渉の継続を要請しているのである。
 政府関係者によると、祝電の内容について「特に菅首相(当時)との間で、(変更指示などの)やりとりはなかった」という。
 しかも、菅氏の後継者の野田佳彦元首相は在任中、「(原発に)関心を持つ国々の期待にしっかりと応えたい」と原発輸出の方針をとっていた。野田内閣の前原誠司国家戦略担当相も、こう明言していた。
 「原発輸出を直ちにやめるものではない」
 自身をはじめ民主党政権の過去の経緯には口をぬぐい、一方的に安倍首相を非難する。「天を仰いで唾する」ことこそが、菅氏の日常でありライフスタイルなのか。(政治部編集委員)(以上(MSN産経ニュース2013.5.16 11:41)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130516/stt13051611420006-n1.htm

 歩く国賊・菅直人は、この阿比留瑠比編集委員の記事に激怒したらしく、ツイッターで産経新聞をこき下ろすことをほざいている。
 しかし、この記事を読む限り、阿比留瑠比は、民主党のこれ以上の凋落を阻止するために敢えて、大反省会をやっても分からない民主党にどうすれば良いか示唆しているように感じる。私としては、2009年の総選挙で民主党に騙されたという思いがあるので、できるだけ速やかに民主党が無くなって欲しいと考えている。もちろん、党の看板だけ掛け替えた民主党所属議員を含めた全民主党議員が、国会から去って欲しいという意味だ。歩く国賊・菅直人には、もっともっと頑張って貰い、次の参院選では、陣頭に立って全国行脚をして、民主党凋落をより前向きに進めて欲しいものだと思う。そうすれば、菅直人にだけは言われたくないと感じる有権者が、民主党に投票することもなくなるだろう。
 それよりも、もし万が一歩く国賊・菅直人が、まともな神経をしていたら、生きるのがつらくなるのではないかと思うが、菅直人の針金の生えた神経は、そのようなこと微塵もなさそうだ。歩く国賊・菅直人に強制的に反省させるには、原発菅災の罪を問うて、刑務所にぶち込むしか手立てはあるまい。司法の怠慢が、今日の歩く国賊・菅直人を助長していることは確かなことだ。(No.3645-2)

|

« 反省をしても消えないツイッター | トップページ | 維新同士で市議会の茶番劇 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57401707

この記事へのトラックバック一覧です: 常識があれば生きてはおれぬはず:

« 反省をしても消えないツイッター | トップページ | 維新同士で市議会の茶番劇 »