« マニフェストこれは逆だと読み替える | トップページ | 国益は考えなくてよい野党 »

尻馬に乗って社民が吠えている

「川口氏解任決議は自民党のせい」福島・社民党党首
■福島瑞穂・社民党党首
 本日、参院予算委員会で前代未聞のことが起きた。予算案を提出している与党がボイコットした。まったく理解できない。15日には予算が自然成立をしてしまうので、参院も充実した審議をしようと与野党が努力して集中審議の日程を決めていた。これを覆すのは与党の傲慢(ごうまん)だ。野党が、川口順子参院環境委員長の解任決議案を出したためだが、野党の責任ではなく自民党のせい。川口氏が海外渡航を勝手に1日延ばし、委員長が自ら決めた環境委員会が潰れた。国会軽視だ。安倍政権は高支持率にあぐらをかいて、何をやっても許されるという風になってきたのではないか。(国会内の記者会見で)(以上(朝日新聞2013年5月9日2時16分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0509/TKY201305080809.html

 社民党の福島瑞穂が、川口順子解任を巡って目立ちたい一心で好き勝手をほざいたそうだ。
 川口順子の件は、完全に野党が悪いのだ。実際の出張申請は、25日までとしたのを野党の委員が24日に無理矢理させたのだ。そして、25日に中国要人との会談ができるから出張延期を自民党が川口順子に代わって野党に示したが、拒否されたのだから、無知無能の野党がよってたかって自分達の存在を誇示しようとしているだけに過ぎない。国会軽視などとほざいているが、単に野党の自己アピールのために川口解任をでっち上げているだけだ。それならば、野党議員が委員会をボイコットしたのは国会軽視ではないのだろうか?
 そもそも、党首が選挙区で戦えず比例区でしか立てない社民党に、国政をとやかく言われる筋合いはない。福島瑞穂に甲斐性があるのならば、堂々と選挙区選挙の洗礼を受けるべきではないだろうか?(No.3637-3)

|

« マニフェストこれは逆だと読み替える | トップページ | 国益は考えなくてよい野党 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57343232

この記事へのトラックバック一覧です: 尻馬に乗って社民が吠えている:

« マニフェストこれは逆だと読み替える | トップページ | 国益は考えなくてよい野党 »