« 慰安婦の補償は全部朴に言え | トップページ | 反省をしても消えないツイッター »

訪朝を腹いせという不面目

飯島氏訪朝、韓国紙が警戒感「国際協調破る」「腹いせの牽制球」
 15日付の韓国大手紙は、飯島勲内閣官房参与が平壌入りしたことに「米韓はもちろん、中国まで北朝鮮に制裁を加えている状況で国際協調を破った」(朝鮮日報)と警戒感を示した。
 東亜日報は日本政府が韓国政府に飯島氏の訪朝を事前に通知していなかったと伝え、「北朝鮮に対する強力な制裁措置が取られている中、日本の突出した行動により、北朝鮮に状況判断を誤らせる可能性がある」と指摘した。
 韓国政府が北朝鮮対応で日本を排除し、米中韓の結束を強める動きを見せていることに、「安倍晋三首相が腹いせでけん制球を投げた」との見方も伝えた。
 朝鮮日報は「日本が北朝鮮問題に対する影響力が低下している状況を反転させるためのカード」と分析。「7月の参院選をにらみ安倍首相が勝負に出たとの見方も出ている」と伝えた。
 聯合ニュースは米韓両国が日米韓連携の観点から、日本側に急速な北朝鮮との接近を自制するよう「速度調節」を求める可能性が高いと報じた。(共同)(以上(MSN産経ニュース2013.5.15 14:04)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130515/kor13051514050003-n1.htm

韓国「日本外し」外交会議、米中にのみ出席打診
 韓国政府が、米国や中国の外交担当者を招き今年6月末にソウルで外交関係のセミナーを開く予定であることが分かった。
 日本政府に出席要請はしておらず、この種の国際会議としては異例の対応だ。
 日本政府は、韓国が「日本外し」で北東アジア外交を進めようとしているとみて警戒し、近く米国など関係国に不快感を伝える方針だ。
 日本政府にこれまでに入った情報によると、協議には、韓国外交省と中国外務省の審議官級以上の幹部、米国からは国務次官補代理が出席を予定している。外交関係の民間調査研究機関なども参加する見通し。
 韓国の朴槿恵パククネ政権は、米中韓3か国による戦略対話を呼びかけるなど、「日本外し」の姿勢が目立つ。朴氏は7日のオバマ米大統領との共同記者会見でも、日米韓の連携を訴えたオバマ氏と異なり、日本への言及を避けた。(以上(2013年5月14日08時55分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130513-OYT1T01555.htm

 外交において日本外しで、いい気になっている南朝鮮が、飯島官房参与の訪朝を腹いせだ中傷誹謗し続けている。
 東アジアの中心は、南朝鮮だと言う気でいるのだから、このような無知無能の反応となるのであろう。北朝鮮包囲網が狭まっている現在、北朝鮮の足元を見て、経済支援の見返りとして拉致問題を解決しようとしている訳ではない。あくまでも、日本外交として拉致問題解決に向けてのステップであり、南朝鮮にとやかく言われる筋合いではない。それをとやかく南朝鮮がほざき続けるのは、日本外交が弱腰だからだ。日米関係は盤石であっても、自分が主導権を取りたいだけの南朝鮮に対しては、一言一言に対して、韓国大使を外務省に呼びつけて、そのようなことを止めるように遺憾の意をその度々に伝えることだ。民主党政権時に、南朝鮮をつけあがらせたツケが今来ているのだ。
 日本では、南朝鮮に媚びへつらう南朝鮮が望む民主党売国政権には、決して戻ることなどないことを南朝鮮に思い知らせてやる必要がある。(No.3644-3)

|

« 慰安婦の補償は全部朴に言え | トップページ | 反省をしても消えないツイッター »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57396380

この記事へのトラックバック一覧です: 訪朝を腹いせという不面目:

« 慰安婦の補償は全部朴に言え | トップページ | 反省をしても消えないツイッター »