« 化けの皮剥がれ維新が苦戦する | トップページ | 幽霊で閣議決定する政治 »

支援者なら人の迷惑考えぬ

支援者、元慰安婦を擁護「橋下氏に反省ないから」
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長への面会を要請しながら、支援団体を通じて急遽(きゅうきょ)キャンセルを申し入れた元慰安婦2人に対し、支援団体からは24日、「ハルモニ(おばあさん)の気持ちが一番大事だ」と擁護の声があがった。
 大阪市役所前で橋下氏に対する抗議集会を開いていた支援団体の女性会社員(49)は、面会が土壇場で中止になったことについて「橋下氏に反省や発言を撤回する気持ちがない以上、面会しても政治的なパフォーマンスに使われるだけだ」と指摘した。
 また、市職員が今回の面会に向けて準備を進めていたことについては「職員の手間や気持ちは、それが業務なのだから考えなくていいと思う」と話した。(以上(ZAKZAK2013.05.24)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130524/dms1305241441018-n1.htm

 橋下徹との面会を慰安婦問題のパフォーマンスにしようとやってきた元従軍慰安婦と言われている2人が、ドタキャンをした件で、支援団体の女性会社員が、大阪市職員の手間を取ったのは業務だから関係ないとほざいたそうだ。
 そもそも、面会などと支援団体が言い出さなければ、大阪市の職員は、手間を取ることも無かったし、それが業務としても、その仕事をするために血税が使われているという認識が、支援団体の女子会社員には欠如している。アポを取ってそれをキャンセルした以上は、「済まなかった」の一言もないことは、この支援団体員も、朝鮮半島の「間違っても誤らない」、責任転嫁するという文化に侵されているのではないだろうか。
 ドタキャンを謝らないのであれば、橋下徹も元慰安婦と言われている2名も同じレベルではないだろうか。(No.3652-2)

|

« 化けの皮剥がれ維新が苦戦する | トップページ | 幽霊で閣議決定する政治 »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57449613

この記事へのトラックバック一覧です: 支援者なら人の迷惑考えぬ:

« 化けの皮剥がれ維新が苦戦する | トップページ | 幽霊で閣議決定する政治 »