« 独裁者他人のことはよく分かる | トップページ | 河野談話が中韓に利用され »

輿石で民主の負けはもう決まり

共闘そっちのけ、輿石氏の怨念 迷走野党象徴する参院山梨
 夏の参院選で共闘を築けない野党の姿を象徴しているのが山梨選挙区だ。みんなの党が現職を擁立すると、民主党はかつての「参院のドン」、輿石東(あずま)参院議員会長の主導で対抗馬を決めた。参院選で野党共闘を呼び掛けたのは民主党。しかし山梨では、輿石氏のメンツが優先されたのだ。
 山梨県昭和町内で12日、みんなの党から出馬する米長晴信参院議員の決起集会が開かれ、出席した渡辺喜美代表は民主党に敵愾心(てきがいしん)をむき出しにした。
 「民主党はなぜ邪魔をしにくるんだ。一体、民主党という政党は…、消えてなくなるから言ってもしようがないが…」
 みんなの党が民主党を昨年7月に離党した米長氏の擁立を決めたのは4月5日。渡辺氏は、民主党出身の浅尾慶一郎政調会長に選対委員長を兼務させ、民主党との選挙区調整を進めようとした。
 そんな矢先、民主党山梨県連は坂口岳洋前衆院議員を無所属で擁立、党本部は推薦を決めた。
 坂口氏は出馬を渋っていたが、輿石氏が説き伏せた。輿石氏は、昨年12月の衆院選で、民主党を離党し日本維新の会に入った小沢鋭仁国対委員長(衆院山梨1区)に対立候補をぶつけた。米長氏についても「裏切り者だ」(県連幹部)と容赦なく、つぶしにかかったのだ。
 みんなの党側も、民主党は維新との共闘ができなくても、みんなとはやりたいはずだとみていた。しかし、輿石氏の怨念には勝てなかった。
 野党共闘が崩壊したことで自民党が極めて有利になるはずだが、山梨では同党も深刻のようだ。
 11日に昭和町内で行われた党県連主催セミナーに、石破茂幹事長と甘利明経済再生担当相、田村憲久厚生労働相がそろって、慌ただしく駆け付けた。石破氏は甲府市内で街頭演説も行い、自民党公認で出馬する森屋宏前県議の支持を訴えた。記者団には「どうすれば溝を埋めることができるのか。党本部でできることはやる」と語った。
 山梨では青木茂樹駒沢大教授が無所属での出馬を検討、一部自民党県議が支援する動きを見せている。
 昨年の衆院選では、山梨2区が分裂選挙となり、二階俊博総務会長代行に近い無所属元職が党公認新人を破った。自民党県連内にはしこりが残っている。石破氏らには、参院選で公認を勝たせなければいけないメンツがあるのだ。(原川貴郎)(以上(MSN産経ニュース2013.5.13 00:25)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130513/stt13051300280002-n1.htm

 参院選が間近になってきているが、諸悪の根源・輿石東は、懲りると言うことも知らずに、山梨選挙区に自分の息の掛かった候補を県連を無視して決めたそうだ。
 まあ、民主党候補と言っただけで、有権者から毛嫌いされているのだから、県連の候補だろうが、輿石の推す候補だろうが、当選することには非常に高いハードルがあることは確かだ。それも、野党共闘が組めない中での選挙と言うことになれば、後は、他力本願の自民党の自滅しか、民主党の生き残る道はあるまい。先の総選挙でも、諸悪の根源・輿石東によって、山梨選挙区に候補を立てたが、ものの見事に落選した。諸悪の根源をバックアップする日教組の組織票があっても、有権者のごく一部に過ぎない。
 諸悪の根源・輿石東の権勢も、次の参院選が終われば、姿形がなくなることは明白だ。諸悪の根源・輿石東は、今のうちに権勢を誇示しておけばよいのだろう。(No.3642-2)

|

« 独裁者他人のことはよく分かる | トップページ | 河野談話が中韓に利用され »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57381393

この記事へのトラックバック一覧です: 輿石で民主の負けはもう決まり:

« 独裁者他人のことはよく分かる | トップページ | 河野談話が中韓に利用され »